月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだら模様の投資生活ポートフォリオ(2010年10月)

 2010年10月のまだら模様の投資生活サイト管理人のポートフォリオは、その基本方針(主として個別株式投資中心、長期投資用の直販ファンドでサポート)、および個別株式投資の方針(イエ、クルマ、ネットワークへの集中投資)を保ちつつ、ポートフォリオ内部の投資銘柄、および構成をかなり変更致しました。
まだら模様の投資生活株式ポートフォリオ(2010年10月)

自動車関連銘柄の投資比率引き下げ

当ポートフォリオで大きなポジションを占めていた自動車関連事業を主業とするプロトコーポレーション、ユー・エス・エス、パーク24について投資比率を半減まで引き下げました。(9月末投資比率56%、10月末投資比率28%)
 自動車産業へサービス事業として関わる3社の収益安定性のアウトルック変更ではなく、今後も有するビジネスモデル特性から、業界インフラ企業として安定した収益獲得は期待できると考えています。
 しかしながら、自動車産業は、総需要の継続的な減退に最も直面する業界であり株式市場での人気化は起きにくいことから、割高な局面では利益確定を積極的に進めると共に、特にパーク24については相対的に割高で、かつ配当権利確定を迎えることから大きなポジション整理を行いました。

投資比率のイコールウエイト化

10月は、投資銘柄に、業績下方修正によりストップ安を記録したシンプレクスホールディングスを始めとして、月間で10%を超える株価下落を記録する銘柄が相次ぎました。
 個別銘柄リスクは甘受し、かつ積極活用する方針ですが、投資比率が大きすぎる銘柄に発生すると資金量の制約から、急落時の追加投資効果が充分に発揮できない状況になります。

 そこで、鎌倉投信が運用する結い2101において、イコールウエイト投資を基本としているとのことですので、そのアイデアを少し拝借して、投資ランク毎にイコールウエイトを目指すことにしました。1銘柄に対する投資比率を全体的に引き下げ、かつどの銘柄で急落が発生しても元の投資比率に戻せるようにするのが目的です。
 早速、シンプレクスホールディングスに対して適用し、急落後に買い増し、急落前の投資比率近くまで復帰させています。
 銘柄集中度を下げるために、今年上期に投資していた銘柄への投資を復活し、その他銘柄を膨らませています。中々、新しい銘柄は発見できないものです・・・

ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

まだら模様の投資生活ポートフォリオ(2010年9月)

2010年9月も後半になってから、ようやく過去最高規模の猛暑も落着きを見せ始め、秋冬物商戦が本格化しています。しかし短期決戦の様相が強くなり、アパレル・小売業界においても優勝劣敗傾向が一段と強くなるでしょう。
 
 一方、政治面では尖閣諸島問題で大きく揺れた月でもありました。外交の端緒早々に、相手の譲歩を期待して船長を釈放して外交カードをあっさり捨てるなど、民主党の売国政策も一段と本格化するにつけ、住みやすい日本社会からどんどん乖離する現状に惹起しています。
 日本社会において、懸命に生き抜き、そして創意工夫を創造している数多の個人事業主、中小企業、大企業の全ての事業家に対し、日本社会護持に対する貢献に対し賛辞を送りたいと思います。

 さて、2010年9月のまだら模様の投資生活サイト管理人のポートフォリオですが、月間騰落率はプラス4.5%と8月のマイナス4.9%をほぼ取り戻した結果となりました。
 個別株式ポートフォリオは前月からほとんど変化なしですが、集中投資割合は一層高まりました。
まだら模様の投資生活株式ポートフォリオ(2010年9月)

中小型株投資においては、大株主の行動に大きく影響される

 まだら模様の投資生活サイトはいわゆる中小型株が投資銘柄の大多数を占めていますが、当然ながらいずれの銘柄においても、はるかにマイノリティの位置に過ぎません。
 その投資銘柄の中で、2010年9月には、以下2銘柄について大量保有報告書で保有割合減少が報告されています。
大量売却報告(2010年9月)
証券コード銘柄大量売却者報告日前回報告
保有割合(%)
今回報告
保有割合(%)
4666パーク24オービス・インベストメント・マネジメント社2010年9月27日15.96%15.67%
4732ユー・エス・エステンプルトン・インベストメント・カウンセル社2010年9月29日12.46%11.35%

(1)パーク24
パーク24(4666)2010年9月
2010年9月21日の198,100株の市場内売却が価格暴落の引き金の一つとなったようです。その後、株価は戻り歩調を辿っていますが、以前の水準までは戻っていません。

(2)ユー・エス・エス
ユーエスエス(4732)2010年9月
9月には株価下落は顕著に表れていませんが、大量保有報告書によると8月10日から9月22日迄の毎営業日に600株~14,660株売却されています。一日の取引高が10万株弱のユーエスエス社株の売買では相当割合を占めていると推定されます。
 なお、10月1日には大幅な株価下落となっていますが、テンプルトンアセットマネジメント社の売却によるものかは、報告されるまでに時間を要するのでしばらくは不明です。

 2つの事例を挙げましたが、中小型株における株価形成は大株主(特にファンド保有分)の売買動向に大きく左右されることは、マイノリティにとって投資の前提条件の一つといえます。

 その為には、常日頃から信念を持って投資銘柄を選択すると共に、株価が急落した場合に備えて追加投資できるだけの資金余裕を確保し、そして、現実に株価が急落した時には躊躇いなく追加投資することが、投資によって利益を得るために必要です。
 
 今回のパーク24については、下落時にほんのわずかしか追加投資できませんでしたので、ポートフォリオに占める割合も若干の増加に留まりました。追加投資をいつ何時にも行えるように、株価好調時の資金確保が重要ですね。
 その点、毎月積立投資入金が入る直販投資信託の運用者を羨ましく思うのです。

ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

まだら模様の投資生活サイト投資銘柄(2010年8月)

今年の夏も、日本全国、過去最高の猛暑に見舞われました。本格的な梅雨といい、季節感溢れた時候の移ろいは景気にとっては決して悪くはありませんが、行き過ぎてしまっては困り者ですね。何事も程々が宜しいようです。
 経済面では、この8月大きく騒がれたのがユーロ安、ドル安に伴う円高でした。自民党政権から民主党政権になっても、政治的な決定の遅さは一向に変わっていません。

 中長期的なアジアにおける日本は、強国中国のご機嫌を伺いながらも、卓越したテクノロジーと洗練された文化を基礎として独自の立ち位置を占める可能性がますます高まっています。欧州におけるスイスのように、リスク逃避通貨として「円」が評価されている間は、日本も捨てたものではないと思えるのです。

 さて、まだら模様の投資生活サイト管理人のポートフォリオも危機回避に対応して、株式投資銘柄数は前月7月末時点の19銘柄から、グッと絞り込みを行いました。
まだら模様の投資生活株式ポートフォリオ(2010年8月)

 投資比率上位3社を自動車関連業界で占有し、投資比率過半まで買い進めました。

多くの日本人が一生に手に入れる資産の中で、消費財と投資財の要素をもっとも兼備しているのが、自動車です。
自動車は使用により劣化しますので、その意味では消費財ですが、年式、事故歴等により一定の評価をつけやすく、その価格帯の高さから、中古の流通市場が高度に発展している数少ない商品です。
 また、移動する手段という人間の本質的欲求にも絡むため、現在のガソリン自動車が、ハイブリッド自動車に、そして電気自動車に変わっても、需要自体は消滅することはないでしょう。(特に代替移動手段が限られる地方においてはなおさらです)
 ただ、自動車メーカー、部品メーカーについては、電気自動車になると駆動方式が全く変わりますので、プレーヤーが入れ替わるリスクがあります。特に自動車部品メーカーについては、投資に際しては要注意といえます。

ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

まだら模様の投資生活サイト投資銘柄(2010年7月)

 まだら模様の投資生活サイトの運用ポートフォリオ紹介も復活いたします。
 と申し上げても、基本ポートフォリオ(個別株式80%、セゾンGBF10%、直販投信ファンド10%)の変更は当面ありません。
 そこで、鎌倉投信「結い2101」の3つの投資視点切り分けを参考に、まだら模様の投資生活サイトも、4つの投資テーマに主要投資銘柄を色分けしてみました。
 あくまで、当サイト運営者が実践する投資情報として、参考となれば幸いです。
[まだら模様の投資生活サイト投資銘柄(2010年7月)]の続きを読む

まだら模様の投資生活ポートフォリオ(2010年2月)

 仕事面で色々忙しく、今月はかなり遅くなってしまいました。
まだら模様の投資生活ポートフォリオ(2010年2月)
 前月比騰落率は1月に引き続き、プラスマイナス0%となりました。異様な安定感を覚えています。
 
 今月も個別投資銘柄として、コモンズ30ファンド投資銘柄群から新たに「小松製作所、テルモ」等を追加して、投資銘柄数は二桁に到達しました。コモンズ30ファンド構成銘柄のおよそ3分の1を占める擬似コピーファンドがまだら模様の投資生活ポートフォリオ内に出来上がっています。
 
 今後は、コモンズ30ファンド銘柄からの組入拡充は一旦けりをつけ、大幅に値下がりした銘柄(20%以上を一つの目安としています)が生じた場合には、追加投資を行う方向です。(資金があればですが・・)

 さて、直販投信ファンドについては、鎌倉投信の「結い2101」も積立開始します!!
 これまでの直販アクティブファンドとは、投資対象として未公開株も投資ユニバースに含むこと、人の生活基盤の持続可能性(サスティナビリティ)に焦点を当てた投資という点で、投資家(投資者)としてワクワクしています。

 先日、鎌倉投信本社に伺い、投資哲学や運用の基本方針を聞いてきましたので、またの機会にご紹介いたします。

 あまはら個人的には、各種直販投信ファンドへ毎月の積立購入金額が膨張し、いつの日か個別投資銘柄を売却して積立充当というタコ足状態に陥る可能性も既に見えてはいますが、何としても積立投資は継続するつもりです。
 
 より多くの投資家に資本提供者としての投資の心が根付くために・・・
 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

WebMoney ぷちカンパ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。