月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわかみビレッジが実働段階に入ったようです

 さわかみ投信がいよいよ、さわかみビレッジ建設への実際の第一歩を踏み出そうとしていることが、報道されている。
 循環型まちづくり着手へ 高島 ファンドの利益、年間数億円活用 (2009年1月5日の京都新聞より)
 記事によると近く、滋賀県高島市に約10ヘクタールの土地を取得して、サテライトオフィス、社員の住宅、寮、や文化ホールなどを整備するようです。

 さわかみビレッジ構想自体は101年プロジェクトと銘打たれた、
長期的視点に立った,社会との様々な形での共生活動の一つとして位置づけられているようです。
 何より、さわかみ投信としての設定した目標を、大言壮語とならずに着実に達成しつつあることに関しては、祝福の意を示したいと思います。なかなか実現できることではありません。企業という存在は社会無くては存立できませんので、たゆまぬ社会還元の姿勢は企業の存在基盤を保持する上でも不可欠な行為と考えます。

 しかし、澤上ビレッジ建設に対して、現在のさわかみファンド投資家側から注がれる視線は、かなり冷ややかなものになるでしょう。
 その理由は以下のように整理できるのではないでしょうか?
[さわかみビレッジが実働段階に入ったようです]の続きを読む

さわかみファンド開示内容が元に戻る

 さわかみ投信ホームページのホームページリニューアルから1ヶ月が経ちました。
 リニューアルによりホームページから受けるイメージは随分と洗練された一方、情報開示レベルが落ちたことを危惧していましたが、以前の開示内容の一部が復活していました。
  1. 月中月次報告書(過去分)の開示復活

  2. ホームページリニューアル前と同様に、約2週間遅れで参照可能となっています。
  3. ファンド口座数の更新頻度の明記(毎月末)

  4. 毎月最終営業日に前営業日時点の情報に更新の旨、追記されています。
何はともあれ、従前からの開示レベルに戻ったことは非常に喜ばしいことです。今となっては、当初からの切替スケジュール通りであった可能性も相当に高いと考えられますが、ホームページ変化という航海の舵取りにより呼び起こされた、様々な波紋の一つであったかもしれません。

 さわかみファンドレポートも復活させるべきか、悩む・・

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

人気ブログランキング小(青)

さわかみ投信株式会社の決算分析

 さわかみファンド保有者に対しては、純資産額に対して年0.9%の信託報酬率が徴収されますが、さわかみ投信株式会社における実際の経費率はどのような水準にあるのでしょうか?その答えに近づくには、さわかみファンドを運用するさわかみ投信株式会社の財務諸表に着目するのが、近道となります。
 しかし、さわかみ投信株式会社は非上場会社ですので、非上場会社の財務諸表は、通常は容易に入手することはできません。しかし、さわかみファンドの有価証券報告書には特別情報の一部として委託会社等の概況欄にさわかみ投信株式会社の財務諸表が掲載されます。2008年3月末決算から8ヶ月近くを経過した少々古い情報となりますが、さわかみ投信株式会社がどのようにファンド運用事業を営んでいるか理解するうえで、最良の資料といえます。
 例えば、冒頭のさわかみファンド運用に要した実際の費用率(エクスペンスレシオ)は、以下のように算出可能です。
さわかみファンド経費率2008年3月期
  インターネット上でもさわかみファンドの運用成果に満足していない投資家が増加している現状において、今回、まだら模様の投資生活サイトではさわかみ投信株式会社の2008年3月期財務諸表を徹底分析してみました。
[さわかみ投信株式会社の決算分析]の続きを読む

さわかみファンドのホームページがリニューアルされましたが・・

 さわかみファンドを運用するさわかみ投信株式会社のホームページがリニューアルされています。以前のHPと比べると、一言でいうとビジュアル化されています。
 
 さて、肝腎の運用情報については、これまでホームページ上に運用レポート(月中報告書、月末報告書)が半月遅れで公開され、誰でも閲覧することができました。
 今回、レポート配信サービスはさわかみ投信に口座保有者に対する専用サービスと明確に位置づけされたようであり、ホームページ上で正式には公表されていません。
 
 当サイトではこれまで10万人以上の顧客に提供され、また後日一般にも開示されるという理由でさわかみファンドの投資状況を前もってご紹介してきました。(以前から口座保有者のみに提供される「専用コンテンツ」は当サイトでも公表しておりません。)  この度の公表方針変更の本当の意図は図りかねますが、さわかみファンドの情報提供方針に則り、今後のさわかみファンド関連情報は公開済情報をソースと致します。
 
 さて、新たなさわかみ投信ホームページですが、やはりデザインのみの変更ではありませんでした。
[さわかみファンドのホームページがリニューアルされましたが・・]の続きを読む

さわかみファンドが再び資金流入傾向に戻る

 最近の株価大暴落でさわかみファンドの純資産残高はついに1500億円を割れて、10月24日現在で1477億円まで減少している。この残高は、ちょうど1年前に記録した過去最高記録である2754億円(2007年10月11日)の55%の水準であり、さわかみファンドをバイアンドホールドし続けた投資家はこの1年で平均して40%以上の評価損を被っている。
 
 軟調な基準価額の推移を受けて2008年8月以降、さわかみファンドの解約に伴う資金流出が続いていたのですが、2008年10月も半ば近くになり潮目が変わったように思えます。
[さわかみファンドが再び資金流入傾向に戻る]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。