月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンドオブファンズ投資信託の基準価額算定はこんなに難解です!

 皆さんは市場の相場変動と投資信託の基準価額変動のタイミングがずれているケースがあることをご存知でしょうか?あるいは、投資信託を申し込んだ場合に基準価額適用日が投資信託ごとに異なっていることをご存知でしょうか?海外市場を投資対象とする投資信託の基準価額はどのようにして計算するのでしょうか?
 これらを知るにはファンズオブファンズ形式の投資信託の基準価額の計算の仕方を完全に理解すれば答えることができます。全てを解説するには及べませんが、少しかじってみることにします。

 まず、日本籍の公募型投資信託は毎営業日に基準価額を計算および公表することが義務付けられているのですが、ファンドオブファンズの場合は各組入ファンドの基準価額を入手して計算を行います。ここで、ファンドオブファンズ形式投資信託の基準価額算出に最も重要な点は「確実に」全ての組入ファンドの基準価額を入手することとなります。もし、組入ファンドの基準価額が入手できなければ、ファンドオブファンズの基準価額の計算自体が不可能となるからです。

 ここで、もしファンドオブファンズが各組入ファンドの当日基準価額に基づき基準価額を計算するとしていた場合、組入ファンド会社のシステム不具合等などの原因により組入れファンドの基準価額が提供されない事態が生じると、連鎖的にファンズオブファンズの基準価額も計算されない事態を招いてしまいます。そこで、基準価額が算出不能となるリスクを回避するためにありがとう投信のありがとうファンド、セゾン投信のファンド(セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドおよびセゾン資産形成の達人ファンド)のようなファンドオブファンズの基準価額算出には組入ファンドの前日基準価額を適用することで基準価額未公表リスクを回避しているのです。

 次に海外株式もしくは海外債券を投資対象とする投資信託は購入申込日の翌営業日の基準価額を適用する場合がほとんどであるがこれはどうしてでしょうか? これは海外資産を持つ投資信託の基準価額については以下の2プロセスで構成されていることを理解する必要があります。

  1. 海外資産の現地通貨での時価評価
  2. 時価評価額の日本円換算
例えば欧米を例にすると、海外市場での価格は日本時間の前日夜から当日明け方に確定した価格が直近値となります。それに当日午前の為替相場を適用して当日の基準価額を算定するのです。すなわち、申込日当日の基準価額を適用する投資信託が存在すれば、おおよその適用基準価額が予測できることになります。しかし、実際には申込日翌日の基準価額を適用する投資信託がほとんどであり、日本株式や日本債券を投資対象とする投資信託で可能な当日の相場状況を見て申込を行うタイミング投資は海外資産を投資対象とする投資信託は行いにくい状態です。

 ファンドオブファンズの基準価額計算タイミングの具体例を趣味レートすると3月22日(木)に買付申込をした場合に適用される基準価額は翌営業日の3月23日(金)市場取引後に計算され、3月24日(土)の日本経済新聞に掲載される価額である。なお、3月23日(金)にファンドオブファンズが公表する基準価額は、前営業日となる3月22日(木)に各組入ファンドが公表した基準価額を元に算出している。 ここで、3月22日(木)に各組入ファンドが公表した基準価額は投資対象が日本であるか、外国であるかにより計算基準が異なります。もし、投資対象が日本(日本株式、日本債券、J-REIT)などは当日(3月22日(木))の市場動向を反映しているのに対し、投資対象が海外資産である場合は前日夜間(3月21日(祝))の取引市場と3月22日(木)朝の為替市場の内容を元に計算することとなる。さらには各海外市場が休場などの場合にはその前営業日の基準価額となり、外国籍ファンドを組入れ対象としている場合は、外国との時差の影響が生じるのである。

 まるでパズルのようですが、その代表としてセゾン投信が運用するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドなのです。

  1. ファンドオブファンズ形式の投資信託であること
  2. 外国籍(アイルランド籍)投資信託を組入れていること
  3. 海外市場を投資対象とするファンド組入れていること
  4. 申込日翌々営業日の基準価額での取引となること
  5. 85%を海外資産に投資することとなり、基準価額への影響が大きい
 くれぐれも、セゾン・バンガードグローバルバランスファンドでは短期的視点による市場タイミング投資などは行わず、中長期視点に立って毎月積立で購入し、積立金額を調整することで市場と上手に付き合う投資方針がいいのではないでしょうか。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんにちは

いつも役立つ情報ありがとうございます


私もサイトを開設しましたのでもしよろしければ

一回見に来てください


ではこれからも良い情報待っています


ではがんばってくださいね
2007/03/24(土) 20:25 | URL | FXマスター #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/8-578f08d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。