月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうファンドのはじめてのモーニングスターレイティングは?

 ありがとう投信が運用するありがとうファンドは2004年9月の設定から3年を経過したため、モーニングスター社によるスターレイティングが2007年9月末基準ではじめてランク付けされた。
 ありがとうファンドのスターレイティングは三つ星(★★★)となり、標準的評価となっている。スターレイティングは投資信託を47分類(モーニングスターカテゴリー)に区分して、リスク調整後リターンで評価を行っているとのことである。
 ありがとうファンドのモーニングスターカテゴリーは「国内中型ブレンド」に分類され、同一分類に属するファンドは2007年9月末現在で43ファンド存在しており、同じ独立系投信会社が運用するさわかみファンド、及びありがとうファンドが組入対象とする社会貢献ファンドの公募ファンドである朝日ライフ SRI社会貢献ファンド (あすのはね) も同分類に属しているので3ファンドの格付けを比較してみよう。
 国内中型ブレンドに属する3ファンドのリターン、リスクおよびシャープレシオを比較しスターレイティング結果と比較してみたが、スターレイティングはやはりリスク調整後のリターンを現す指標であるシャープレシオに影響して設定されているようである。結果として、さわかみファンドのシャープレシオが他2ファンドを頭一つ抜け出している。
 さらに同一水準のシャープレシオとなっている場合は絶対リターンの大きいファンドが高評価を得るようだ。従って、ありがとうファンドの評価は比較した3ファンドの中では最も悪くなっている。同一のスターレイティングの中でも、ありがとうファンドの評価は同じ三ツ星でも幾分二つ星よりであり、逆にあすのはねは四つ星一歩手前である。(モーニングスター社のサイトでファンド検索を行い、スターレイティング順に並び替えると同一スターレイティング内でも順序がわかります。)
国内中型ブレンド分類のファンド実績比較
 さわかみファンドありがとうファンドあすのはね
スターレイティング★★★★(四つ星)★★★-(三ツ星-)★★★+(三ツ星+)
3年リターン14.9%10.3%11.1%
3年リスク11.92%10.62%11.52%
3年シャープレシオ1.240.960.96
従って、ありがとうファンドの最大の利点である価格変動の小ささはモーニングスターレイティングでは逆効果となっている。すなわち、同一シャープレシオであるならリターンがほぼ0である現金運用をポートフォリオに含む場合はリターン絶対値では不利となるからだ。
 ファンドオブファンズ形式の投資信託として保有する現金運用を最重要視しリスクの絶対値を抑えることを重視するありがとうファンドの投資哲学をモーニングスターレイティングで測定することはどうも無理があるようですね。

ありがとう投信

ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/75-18712e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。