月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用ポートフォリオ(2007年第2四半期)

まだら模様ポートフォリオ

 2007年第2四半期も終わりを迎えたため、まだら模様の投資生活では当四半期の投資状況に対する振返りと第3四半期の投資方針の策定を行った。

2007年第2四半期の投資行動

  1. マネックス債の新規購入
  2. 第3回、第4回マネックス債の発行方針に共感し、当期首計画にはなかったが新規に購入した。第3四半期もポートフォリオの現金運用機能を毀損しない範囲で現金運用の一部代替としてマネックス債が発売されれば購入することにする。
  3. 個別株式の追加購入
  4. 急激な不動産関連株の値下がりを機会に新規銘柄への株式投資を行った。投資先としては以前に個人投資家説明会にて社長の話を拝聴したことのあるフージャースコーポレーションを選択した。不動産分譲業界には商品の特性上リピーターの獲得がほとんど期待できないためキャッシュフローが不安定になるという不利な条件が歴然と存在する。
     しかし、一定の売上が確保できる前提さえ成立すればPER4倍は割安と判断して購入しました。購入後、株価は一層下落したが9月最終週に新興株のバリュエーション見直しの波に乗って、一旦回復している。
  5. セゾン資産形成の達人ファンドの投資比率は期首計画通りに順調に拡大している。基準価額が設定時価額を下回る状況のため、第3四半期も第2四半期同様に積立購入を継続する。
  6. 第2四半期の騰落率は-2.9%と非常に残念な結果に終わったが、ポートフォリオ中の日本債券、外国債券部分は価格変動が非常に少なくポートフォリオの安定化に寄与した。

2007年第3四半期の投資計画

  1. 独立系投信会社ファンド(さわかみファンド、ありがとうファンド、セゾン資産形成の達人ファンド、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド)の積立投資継続
  2. アクティブバリューオープン(アクシア)への投資開始
  3. 個人向けマネックス債の購入
  4. 朝日Nvest-Eグローバルバリュー株ファンドの積立投資継続
一旦株式市場のボラティリティがあがった後に落ち着きを取り戻すと過去の状況から数ヶ月は安定期となるため、この第3四半期については積極的に購入するのは控え、果実が実るのを待つ方針で臨みたいと考えています。今後ともまだら模様の投資生活サイトをよろしくお願いいたします。
⇒まだら模様の投資生活8月のポートフォリオへ
⇒2007年10月末のコアサテライト分類のポートフォリオへ
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/72-1b0a4fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。