月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資の未来(おすすめ投資本)

 しばらくお休みしていたおすすめ投資本シリーズですが今後は徐々に追加していきますので、引き続きよろしくお願いします。今回、ご紹介する本は投資データ集ともいえる良本です。
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
(2005/11/23)
ジェレミー・シーゲル瑞穂 のりこ

商品詳細を見る

 シーゲル博士による株式投資の基本原則をデータで解き明かした本です。成長企業に対する過剰期待による高株価を「成長の罠」とし、企業の成長と投資リターンは直結しないことを種々の数値資料により、解き明かしています。
 我々投資家は投資意思決定に際し、企業の成長性のみを追い求めるのではなく、取得対価の妥当性を常に念頭に置かなければならないことを確認するには優れた本です。
 その他にも投資の本質を含んだすばらしい言葉がたくさん含まれています。
 管理人が一つだけチョイスさせて頂くとすると、設備投資は資本を食う豚を挙げたいですね。
 一般的に設備投資、研究開発費などの費目は投資判断を行うに際して、業務運営にかかる費用の中でも将来に繋がるとの意識醸成が働くため、許容度が高くなりがちです。しかし、設備投資や研究開発が実際に将来の収益実現に繋がるのか、十分に検討する必要があります。
 ここで企業会計上、研究開発費については基本的に全額を当期費用として計上することを求めているのは、研究開発と将来の収益との対応関係が希薄であることを認めていることに他なりません。
 一方、設備投資については企業会計上、その質如何に関わらず法定耐用年数に渡り、資産計上(≒費用計上繰延)が認められています。設備投資と将来の収益との対応関係は絶対確実なのでしょうか?この差はいったい何なのでしょう?
 設備投資が短期かつ継続的に必要な業界への投資は、投資家の取り分は設備投資分確実に少なくなります。設備投資が当該事業運営に必要不可欠であるならば、投資家はその事業を行う企業自体を避けるべきでしょう。投資家にとって本当にすばらしいのは新たな設備投資をほとんど必要としない企業で、かつ利益が確実に確保できる企業ではないでしょうか?
 一点だけ管理人の私見も踏まえて紹介させて頂きましたが、その他にも投資に関する知己をたくさん得ることができますので、自立した投資家を目指す人には一読をおススメします。


ブログランキングに参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/55-35fcc7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。