月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済の大きなうねりとは?

さわかみ投信が設定運用するさわかみファンド運用スタイルには、「経済の大きなうねりをとらえて先取り投資することを運用の基本とし、その時点でもっとも割安と考えられる投資対象に資産を集中配分します。」とあるが、具体的にはどのような投資行動をとることであろうか?
 経済のおおきなうねりを景気循環の波ととらえた場合、以下が四つが有名である。
  1. キチンの波(在庫循環サイクル。3年)
  2. ジュグラーの波(設備投資サイクル。10年)
  3. クズネッツの波(20年?)
  4. コンドラチェフの波(50年?)
但し、存在が確立されているのは1.,2.のみで3.クズネッツの波と4.コンドラチェフの波については存在自体が一般的に確立されたまではいえない。
 これまでにさわかみ投信主催セミナー(「自立して堂々と生きてゆこう勉強会」、「直販クラブ勉強会」)で拝聴した内容を踏まえると、さわかみファンドが捉える大きな波というのは「ジュグラーの波」レベル以上の10年超の大波動を対象とした以下の投資行動、すなわち下図のようになるのではないだろうか?
 さわかみファンドの超長期投資方針

 重ねて書くことになるが、さわかみファンドの運用スタイルは割安と思われる資産への集中投資である。日本株式に100%集中投資となっているが、それはさわかみファンドでは経済変動ポジションが下図の株式投資領域にあるとの認識を反映したものである。今後、景気が過熱段階になり金利が上昇すると、株式売却そして債券にシフトすると見込まれる。
 次にさわかみファンドは国際株式型であり、外国資産への投資も可能であるが、どのステージで海外投資を行うことになるのだろうか?その点についてだが、さわかみファンドでは海外投資は国内からの逃避という位置づけのようだ。すなわち、株式、債券ともにリスクが高く国内で投資先が見つけられない景気が最も過熱した段階となり、初めて投資対象の候補となるようである。そのため、海外資産への投資は一時的であり期間限定な性質を有するであろう。さわかみファンドは為替リスクの大きさを危惧しているようであり、既に広く国際展開している日本企業株式への投資により実質的な国際分散投資が行なえるとの考えで一定の合理性は認められる。
 それではさわかみファンドでは現段階を長期波動のどの領域にあると考えているであろうか?さわかみ投信セミナーならびに実際の投資活動から鑑みるに上昇の初期段階と捉えていることは間違いない。そこで、さわかみファンドが認識する現状の領域を拡大すると以下の用に展開される。
さわかみファンドの短期投資行動

 急落時を格好の仕込み時期と捉え、相場上昇段階ではホールドし、相場過熱段階では保有株の一部売却を含めて、いつかは来る急落時の購入資金を作る作業を丁寧に繰り返すのだ。
 2007年8月26日に開催された「自立して堂々と生きてゆこう勉強会 in 倉敷」において、2007年8月には総資産の10%以上に及ぶ約270億円以上の株式購入を行ったと報告があった。2007年8月の急落が図における③の状態であれば幸いであるが、あるいは①、②の状態である可能性も十分ある。現段階では決してわからないのだ。さらに、今後④の状態にまで至る可能性もあるのだ。 しかし、手持ち資金で淡々と割安激選銘柄の購入を続けることで平均単価を下げ、春を待つ戦略ともいえるのだ。長期投資家に支えられるさわかみファンドのエントリーで示したとおり、下落相場に資金の追加入金があるさわかみファンドならでは戦略といえる。
⇒さわかみファンド、ありがとうファンドの価格変動率
⇒さわかみファンドの投資対象の選択術へ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/52-1b517b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。