月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産形成の道は積立投資に有り

お久しぶりです。あまはらです。

アベノミクスバブルの間、更新をお休みしていました。

日本株式を保有し続けた人も外国株式を保有し続けた人も大きく恩恵を受けているでしょう。

逆に恩恵を受けられなかったのは、相場下落の間に投資額を積み増せなかった人、または相場上昇初期に投資額を積み増せなかった人、あるいはそもそも投資に興味が無く現預金中心で運用している人ですね。

長く続いたデフレの間に現預金運用者が相対的に稼いだマージンもこのアベノミクスによる株価上昇で、一気に吹き飛んでいます。
 
投資方法を間違わなければ、株式投資は中長期的な資産形成の最も近道と実感する想いが日々強く強く強くなっていますので、久しぶりに出稿してお伝えしたいのです。

中長期で株式投資を実践するための大きな障害は、実態の企業成長速度とシンクロしない著しい株価の変化です。

短期の株式投資では利益源となる短期的な株価変動は、中長期投資の立場からは有益とはいえません。

投資対象の価格変動を中長期的に回避する有効な手段は、資産の買い付けを時間的に分散して買付単価をなるべく平均に近づけることです。

平均に近づけるだけで大きな失敗は避けられます。短期的な価格変動による影響を回避できることは中長期投資を続ける上で最重要です。

そして、資産の買付けの時間分散を継続的に実践する上で特にお勧めなのが、月次レベルでの定期定額買付けです。

あまはらはアベノミクスの余剰分も新たな定期積立に回し、現在10種類の投資信託等の金融商品を月次定期定額買付けを続けています。

まずは1種類の積立から始めてみては如何でしょうか?
 
最初の1本の選定として絶対的な条件はただ一つ。

「容易に解約できる商品であること」その点、投資信託は解約の制約が少なく、お勧めです。

後はフィーリングが合うと感じた投資信託を選んでください。途中で合わないと思ったら替えればよいのです。

決して、満期20~30年の、積立保険とか海外ファンド積立とかを、選んではダメです。身動きがとれなくなります。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/13(木) 19:23 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/440-af2b2336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2013/12/25(水) 00:14:15 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。