月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上昇相場に乗れない直販アクティブ投信

 2012年の1月から3月の3ヶ月は、年初から継続的に株高・円安傾向が続き、TOPIXは年初から2割近く上昇、ドル円相場も7.5%上昇となりました。
 日本の投資家にとっては、日本/外国、あるいは株式/債券いずれの資産クラスに投資していても、評価額が上昇しているはずですが、特に日本株式に投資する投資家にとっては気分の良い四半期となったのではないでしょうか?

 直販投信に積立投資を行っている投資家としては、直販投信アクティブファンドも日本株式を投資対象としていることから良好な成績を期待したいところですが、結果は以下の通りとなりました。

直販アクティブファンド2012年1-3月基準価額騰落推移

インデックスを上回ることは出来ず

TOPIXの3カ月騰落率17.26%を上回る成績を残したのは「さかわみファンド」1本のみでした。
 但し、TOPIXは配当無であるのに対し、さわかみファンドは配当込の価格で嵩上げされています。(さわかみファンドの3月末決算配当落ち日の基準価額を考える参照)
従って、実質的には全ファンド、インデックスをアンダーパフォームする残念な結果と言えます。

株式運用部分では相応の成績を残した「結い2101」

 現金運用部分を持ったファンドは、上昇相場においてはインデックスについていくことがより困難となります。
 直販アクティブファンドの中で現金運用比率が高い結い2101は、大きくTOPIXを下回りましたが、1月~3月の現金運用比率が35%前後のため、株式運用部分のみで評価すると、TOPIX(17.26%×65%=11.2%)相当の成績でした。
 結い2101には、長期的に保有し続けることができる投資先の深掘を期待したいところですので、株価面でもTOPIX相当になれば、質的にも価格的にも満足できる成績と評価しています。

現金比率の変更ではカバーできなかった「ひふみ投信」

 直販アクティブファンドの中では、現金保有比率を変更する方針を持つ「ひふみ投信」ですが、1月末、2月末と90%超の株式比率を保った(月中に、どうなっているかは不明ですが・・)にも関わらず、大きくTOPIXに負けたファンドとなりました。投資対象が中小型株中心のため、1月~3月の全員参加型上昇相場の波に乗り切れなかった面がありそうです。

 個人的には積立投資中の、結い2101、ひふみ投信はそれぞれTOPIXを大幅にアンダーウエイトする結果となりましたが、まだら模様の投資生活ポートフォリオ全体は、全体の75%を占める個別株式の運用でカバーし、3カ月でプラス25%を超えて来ました。相場過熱の兆候も見えてきていますので、来る下落相場に備え、4月以降は徐々に個別株式ポジションを減少させる予定です。


ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ



ひふみ投信
関連記事
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/24(水) 23:19 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/08(日) 21:41 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/05/11(金) 06:42 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/438-bb3bfc52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2013/04/15(月) 13:49:14 |
管理人の承認後に表示されます
2012/11/04(日) 20:26:29 |
管理人の承認後に表示されます
2012/05/13(日) 11:10:17 |
管理人の承認後に表示されます
2012/04/02(月) 08:40:42 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。