月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティブ投資信託に対する役割期待

東日本大震災を経て、直販投信会社が運用するアクティブファンド(4ファンド)の運用成績がどのように変化しているのか興味があったので、2011年の騰落率として比較を行った。

直販アクティブファンド基準価額(1月~4月)

  1. 一旦、東日本大震災でリセット

  2. 東日本大震災前の3月10日時点では、各ファンド(さわかみファンド、ひふみ投信、コモンズ30ファンド、結い2101)およびTOPIX間で、最大6.52%(ひふみ投信とコモンズ30ファンド)あった騰落率差は、2営業日後の3月15日には3.85%(コモンズ30ファンドと結い2101)まで縮小した。
     震災前には基準価額が最も堅調に推移したひふみ投信は、3日間の急落過程では最も大きな影響を蒙り、直販アクティブファンドの中では最も高リスクの価格変動を示している。また、以前から最も低い価格変動率を示していた結い2101も、急落の価格下落となった。レースに例えると、レース中止、再スタートといったところだろうか?
  3. 震災後の戻り過程で騰落率差が広がる

  4. リスタートの形となった、3月16日以降の戻り局面では、4月末時点でTOPIXからひふみ投信まで騰落率で±5%まで差が広がっている。
     最も良好な成績を残した「ひふみ投信」は、震災発生翌週の具体的な投資行動を月次運用レポートひふみのあゆみにてダイナミックな投資行動を報告している。
     結果的には誤った判断と結論付けられる行動が紛れる場合も多々あるだろうが、取引市場での需給バランスが価格に与える影響が大きい「上場株式」を投資対象として選択する投資信託である以上、取引市場を注視し、変化に即応できる体制を持っていることが必要だ。


 特に、投資を生業とせず、資産形成の手段として活用する個人投資家にとって、日中は市場からは離れているため、市場急変に際して自ら動くことができない。そこで、アクティブ投資信託の運用者が投資信託のポリシーに基づき市場に即した行動を行うことは、最も期待される役割といえる。結果が備われば尚更ですね。





ひふみ投信


関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんばんは

この度、弊ブログを移転しました。恐れ入りますが、リンクの変更をお願いいたします。
2011/09/24(土) 18:15 | URL | レバレッジ君 #-[ 編集]
こんにちは

弊ブログを移転しました。

お手数ですが、リンクの変更をお願い申し上げます。

よろしくお願いします。
2011/09/24(土) 14:52 | URL | レバレッジ君 #-[ 編集]
投信不信
あまはらさん。いつも興味深い情報をありがとうございます。

 私も「アクティブ投資信託」には関心があり、実際にポートフォリオに組み入れていますが、最近はどれもパフォーマンスが冴えず、手数料を引くとほとんどプラマイゼロあたりをふらふらしています。

 ところで「みんなの海外投資」に、「わが国において投資信託は、個人投資家の財産づくりに有効な投資商品というイメージからほど遠い状況にあります。それは、個人投資家のお金を巻き上げる器として、駆使されてきた歴史があるからです」という、木村剛氏の主張を引用した文章がありました。
http://www.minkaigai.com/archives/category/ima/shintaku

「投資信託ではなぜだめなのか」に始まる一連の記事を読むと、日本の投資信託がほとんどボロクソにいわれ、海外のヘッジファンドこそが本当のプロが運用する金融商品だという趣旨になっています。

 指摘されてみればなんとなく否定できない感じもあり、ちょっと日本の投信不信に陥りつつあるのですが、あまはらさんはどう思われますか?
2011/06/09(木) 07:28 | URL | ヘッジファンド投資初心者 #Za42gNqE[ 編集]
昨日のコツコツ横浜#3(コツコツ鎌倉)ではお世話になりました。

またまたいつかよろしくお願いします。
2011/05/15(日) 09:25 | URL | 矢向 #Ji7woxQg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/431-1144001d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。