月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだら模様の投資生活ポートフォリオ(2010年10月)

 2010年10月のまだら模様の投資生活サイト管理人のポートフォリオは、その基本方針(主として個別株式投資中心、長期投資用の直販ファンドでサポート)、および個別株式投資の方針(イエ、クルマ、ネットワークへの集中投資)を保ちつつ、ポートフォリオ内部の投資銘柄、および構成をかなり変更致しました。
まだら模様の投資生活株式ポートフォリオ(2010年10月)

自動車関連銘柄の投資比率引き下げ

当ポートフォリオで大きなポジションを占めていた自動車関連事業を主業とするプロトコーポレーション、ユー・エス・エス、パーク24について投資比率を半減まで引き下げました。(9月末投資比率56%、10月末投資比率28%)
 自動車産業へサービス事業として関わる3社の収益安定性のアウトルック変更ではなく、今後も有するビジネスモデル特性から、業界インフラ企業として安定した収益獲得は期待できると考えています。
 しかしながら、自動車産業は、総需要の継続的な減退に最も直面する業界であり株式市場での人気化は起きにくいことから、割高な局面では利益確定を積極的に進めると共に、特にパーク24については相対的に割高で、かつ配当権利確定を迎えることから大きなポジション整理を行いました。

投資比率のイコールウエイト化

10月は、投資銘柄に、業績下方修正によりストップ安を記録したシンプレクスホールディングスを始めとして、月間で10%を超える株価下落を記録する銘柄が相次ぎました。
 個別銘柄リスクは甘受し、かつ積極活用する方針ですが、投資比率が大きすぎる銘柄に発生すると資金量の制約から、急落時の追加投資効果が充分に発揮できない状況になります。

 そこで、鎌倉投信が運用する結い2101において、イコールウエイト投資を基本としているとのことですので、そのアイデアを少し拝借して、投資ランク毎にイコールウエイトを目指すことにしました。1銘柄に対する投資比率を全体的に引き下げ、かつどの銘柄で急落が発生しても元の投資比率に戻せるようにするのが目的です。
 早速、シンプレクスホールディングスに対して適用し、急落後に買い増し、急落前の投資比率近くまで復帰させています。
 銘柄集中度を下げるために、今年上期に投資していた銘柄への投資を復活し、その他銘柄を膨らませています。中々、新しい銘柄は発見できないものです・・・

ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/415-4a478cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/11/03(水) 21:15:07 |
管理人の承認後に表示されます
2010/11/02(火) 01:05:33 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。