月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大証FXの取引シェアは引き続き拡大

 今月9月14日には、日本政府の2兆円とも呼ばれる、巨額の円売ドル買いの為替介入が行われたことは記憶に新しいが、為替証拠金取引(FX取引)に対しても、少なからず余波を及んでいる。

 翌9月15日の取引所取引くりっく365、大証FXとも前日を大きく上回る取引高を記録し、FX投資家にも大きな注目を浴びた(外貨買いポジ保有者の一斉損切り?)

 そのようなFX取引所取引の活況が続く中で、後発の大証FXの取引シェア拡大傾向が続いている。
大証FXvsくりっく365(2010年9月24日速報)

 2010年9月は24日基準までの集計であるが、大証FXのくりっく365に対する取引高のシェアは7.3%まで急拡大し、取引拡大の増勢が明確になってきている。(大証FXが取扱う9通貨ペアの合計で比較)

 2009年7月の市場開設後、月間取引枚数で10万枚程度と低迷していた取引高は、2010年5月以降30万枚以上を安定的に確保し、今月2010年9月には過去最高の50万枚台の取引高まで至っている。
 
 さて、大証FXの取引所システムを納品・運用しているのは、独立系のシステム会社「シンプレクステクノロジー」社であるが、同社では大証FX関連システムからは大証FX取引量に応じてサービス収益を受領できるという独特の収益構造を構築している。

 現時点で、シンプレクステクノロジーが公表している大証FX関連サービス損益見込みを見ても、取引量が利益に与える影響度の大きさが伺われる。
シンプレクステクノロジー社の大証FX取引高の損益影響
想定ケース月間取引量売上総利益
2010年3月期実績
(対象期間:8ヶ月)
月間10万枚-53百万円
2011年3月期見通し月間70万枚73百万円
開設時のくりっく365同規模月間500万枚1,000百万円

 市場開設当初の取引高低迷を受け、2011年3月期の取引量は相当保守的に見積もられているようだが、今回のFX取引活況を受けて、水準訂正も期待できそうだ。

ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/409-66e503f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。