月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひふみ投信の投資銘柄に変化の兆し!?

レオスキャピタルワークスが運用するひふみ投信ですが、2009年10月には投資比率10位以内にエス・エム・エスとジェイアイエヌの銘柄に始めて投資したのに引き続き、2009年11月にも「いくつかの銘柄に追加投資」したことが運用報告書ひふみのあゆみにて報告されています。
 ファンドマネージャー交代後2009年下期に入ってから銘柄選択の面からも色向きが徐々に変わってきていることが伺われます。

 なお、ひふみ投信の顧客には別バージョンの「ひふみのあゆみ」にて、具体的にどの銘柄を購入したのかが知らされています。さらに投資分析を行うことでどのタイミングで購入したのかまで凡そ判明するのですが、ファンド顧客以外には投資比率上位10社までしか公開されていませんので、具体的な投資銘柄の全てはここでは伏せておきます。

 投資信託の運用銘柄を知るための書類としては、ファンド決算期ごとにファンド顧客向けに発行される運用報告書があります。昨今、運用報告書をWEB上に公開する運用会社が多い中、ひふみ投信は第1期運用報告書は未公開であり、郵送で配布のみとなっているようです。(色刷りで送られてきました。)

 そのため、具体的な投資銘柄の全てを知るには、目論見書が主な情報源となっています。現時点では、2009年3月末までの情報しか目論見書に盛り込まれていないようですね。ファンド顧客以外が、投資銘柄の全てを知るには、ハードルを上げているようです。
 ひふみ投信については、運用の現況およびファンドマネージャーの見通し等の詳細な情報提供は、顧客限定サービスと、明確に位置づけられているといえますね。
 
 一人のファンド顧客としては、ひふみ投信の残高伸長の緩慢さが少々気にかかるところですが、当面の間見守り続けていきます!!

ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

ひふみ投信

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/382-dcd91756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
乙は、ひょんなことから「ひふみ投信」 http://www.rheos.jp/hifumi/ に興味を持ちました。 独立系・直販系の投信会社ということで、販売会社に余計な手数料を払うことがないということや、信託報酬が(アクティブ・ファンドとしては)安めの 1.029% ということがあります..
2010/01/21(木) 03:59:24 | 乙川乙彦の投資日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。