月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らでぃっしゅぼーやに見るMBO企業に対する投資(2)

 らでぃっしゅぼーや(3146)の財務諸表面からの特徴ですが、前回の記事では、巨額ののれん計上を取り上げました。
 さて、今回は19億25百万円にもなっている長期借入金について考えることにします。(2009年8月末現在)

長期借入金の返済に追われる

 この長期借入金ですが、有価証券報告書の追記事項および借入金残高によると、平成19年2月借入で、当初元本は30億円で、返済条件は期間7年、半期毎に2億1500万円となっているようです。
 すなわち、
年間4億3千万円返済を今後4年半継続
が必要なのです。
  年間営業キャッシュフローが9億円台(平成21年2月期)の同社にとって、借入金返済負担は相当高いといわざるを得ません。
 一方、株主への配分たる配当金は年7円、配当金総額は年4700万円と、借入金返済規模の10分の1に過ぎません。MBO後の同社にとって、今後4~5年は財務の安定性を確保することが事業展開と前提となるでしょう。

自社商品の株主優待を実施

 現時点において、らでぃっしゅぼーや社に株主への積極的な還元を期待するのは酷な状況ですが、同社は上場後早々に自社商品の株主優待を開始しました。

 今後、同社が事業成長のための資金を株式市場で調達することも十分に考えられますので、会社事業に対する共感度を深める点でも自社商品の株主優待は効果が高そうです。
 あまはらも、わずかですが株主優待権利を獲得しています。今月11月6日に、具体的な株主優待の内容が案内されるとのことですので、楽しみにしています。

従業員、経営者向けストックオプションの行使促進を!

 またらでぃっしゅぼーや社は、従業員、経営者向けに新株予約権を発行しています。権利行使価格は520円~850円で仮に全ての新株予約権が行使された場合、発行済株式が約7%増加し、合わせて3億8300万円払い込まれることになります。
 自己資本充実して借入金返済の原資とすると共に、従業員株主の増加によりファンド主体の資本構成からの安定化を進めるためにも、新株予約権の行使を促進する事業運営が求められているようです。同社株主にとって、発行済株主数増加による希薄化よりも、資本安定の方がより望ましいはずです。
 権利行使の増加には、結局のところ株価上昇が求められますので、限りある資本をいかに効率的に活用するか、経営の手腕が問われているといえるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ご協力宜しくお願いします。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/375-35874143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。