月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大証FX、早々に取引促進対策を実施へ

 今年2009年7月に取引開始した大証FXですが、来月2009年10月から来年2010年3月末までの半年間、取引手数料の全額割戻し(1取引単位当たり20円→ゼロ円)を9月14日に発表している。
 大証:大証FXに関する取引手数料の割戻しについてご参照

 現状の取引水準が続けば、株式市場同様にマイナー市場に甘んじることになります。さらに今後、証拠金倍率の順次引下げ(最大50倍→最大25倍)による市場の収縮が予定されている中で、早期に顧客拡大および囲い込みを図りたいとの大証の強い危機感が感じ取れるニュースです。
 この大証によるFX取引手数料無料化は、現時点では来年3月末迄の期間限定となっていますが、あまはらは相当長期間にわたって、継続すると見ています。
 もし、無料化が廃止される時が来るならば、大証FXはくりっく365と対峙する市場に成長した時でしょう。

 ところで、大証FXで実際に取引している顧客に与える影響についてですが、今回の発表は大証と取扱証券会社間の取引手数料に関するものであるため、実際に取引している証券会社が設定している取引手数料に反映するかに注目したいところです。

 ちなみに現在の大証FX取扱証券会社の取引手数料はというと・・
主要大証FX取扱証券会社の取引手数料一覧
証券会社1枚当たり片道手数料
ひまわり証券0円(キャンペーン期間中~2009/9/30)
そしあす証券0円(キャンペーン期間中~2009/9/30)
コスモ証券73円(キャンペーン期間中~2009/12/31)
オリックス証券147円
インヴァスト証券210円(日計り時片道105円)

 
 証券会社の中には、9月末キャンペーン期間中で手数料無料としている会社がありますが、10月以降の大証FXへの支払額20円の無料化に伴い、キャンペーン期間が延長されるかもしれませんね。何はともあれ、取引拡大が大証FXの緊喫の課題であることは言うまでもありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ご協力宜しくお願いします。


かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール
かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール
ダイヤモンド社 2009-08-28
売り上げランキング : 84

おすすめ平均 star
star”お客さま目線”を再考させられる
star営業マンの域を超えたGOODセンス本
star営業マンのノウハウを超えて、人として大切なこと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/09/30(水) 01:30 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/369-dadb4ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。