月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆議院総選挙は民主党圧勝のようですね。

 現在22時30分ですが、目下の焦点は民主党単独で2/3超となる321議席を確保できるかになっています。さて、どのような結論に至るのでしょうか?

NHK 2009 衆院選で最新情報がご覧になれます。

 今後政権を担うことになる民主党に個人的にお願いしたいことはもはや無用の長物であることが明らかとなった参議院の廃止です。もちろん、民主党のマニフェストには書いていませんし、二院制は憲法の規定ですので、憲法改正も必要となりますが、それでも最優先で取り組んで頂きたいのです。

 衆議院が解散した7月下旬以降、参議院のみが国会として存在していましたが、アクションはほとんど報道されませんでした。1ヶ月余の期間において、参議院単独で検討できる政治課題はまったくなかったのでしょうか?
 衆議院の選挙期間中に、参議院の存在することで国民に与えたプラスの効用はないのであれば、参議院維持コストも考慮すると、マイナスの存在価値しか無いことになります。そのような無駄な機関をいたずらに放置し続ける財政的余裕は、今の日本にはないはずです。

 無駄な行政コストを削減するとのことであれば、立法コストも検討に含めるべきではないでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ご協力宜しくお願いします。

参議院なんかいらない (幻冬舎新書)
参議院なんかいらない (幻冬舎新書)
おすすめ平均
stars国会改革のための必読書
stars自公覆滅
stars裏の裏まで知り尽くしているから語れる
stars参議院改革論の部分だけなら星5つ
stars選挙の後だからこそ読む価値あり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/364-ac435f59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。