月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、セゾンバンガードグローバルバランスファンドは人気があるのか

 相場の波に惑わされず、常に凪の中を進んでいきたい。国際バランスファンドへの投資は、そのようなまったり感を実感できる投資スタイルといえるでしょう。
 2009年7月末には楽天投資顧問(楽天証券にて販売)も楽天525、楽天グローバルバランスファンドに算入するなど、セゾン投信が2007年3月に蒔いた国際分散投資のシーズは着実に成長し、芽吹いているようです。

 しかし、残高額の大きさに関しては、セゾンバンガードグローバルバランスファンドが他を圧しています。これは、セゾン投信が提案した「積立主体の継続投資スタイル」と「インデックスファンド自体のコモディティな商品特性」、ならびに「株式:債券=50:50」という簡明なバランス設定等の優れた商品設計が大きく影響していると考えます。

 これまで、セゾングローバルバランスファンドは月次で株式:債券=50:50の比率をなるべく厳密に保つようにファンドを購入してきています。2009年7月の世界株式市場は堅調であったため、債券ファンド購入額が株式ファンド購入額を超過しています。
セゾンバンガード株式債券投資額200907
 よほどの異常事態(リーマン・ブラザーズショック時など)以外は、債券価格の変動に比べると株式価格の変動幅が格段に大きいため(=価格変動リスクが高い)、株価が上昇した月は債券ファンドを買い越し、株価が下落した月は株式ファンドを買い越すことになります。
 この非常にわかり易い投資行動や、値下がりした資産を購入する逆張りの思想が個人投資家の感覚として受入れやすく、かつ居心地のよい長期投資に誘うことが出来ているのではないでしょうか?

 この点、証券会社が提供するグローバルバランスファンドやETFでは、個人投資家に売買を意識させることになり、心の落ち着けた投資という価値の提供は困難でしょう。

 セゾンバンガードグローバルバランスファンド発売以後、多くの証券会社がより低コストでバラエティに富んだグローバルバランスファンドを市場に送り出しましたが、あまはら自身も今のところ、他のグローバルバランスファンドや、ETF投資に本気で乗り換えることを検討するまでに至りませんでした。
 
 セゾンバンガードグローバルバランスファンドの残高(口数)が順調に伸び続けているのも、この辺に理由の一つがありそうですね。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
トラとタビさん

 ご記載の通り、地方銀行の口座から証券総合口座への入金を無料にするには、手間暇がかかるようです。 その点、口座振替入金の利点かも知れませんね。
 最も、ご存知の通りあまはらは低コストのあくなき探求に拘っていません。投資先が信頼できるか否かが決定的に重要と考えていますので、ご指摘を受けて「そのような考え方」もあると気づいた次第です。

今後とも、宜しくお願いします。
2009/10/11(日) 20:15 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
証券会社を通してファンドを買い付ける場合
予め証券口座に入金されていれば ノーロードファンドなら無手数料で買付できます。
問題は どうやって証券口座に入金するかです。
都市銀行との間では 「即時振込サービス」というのがあって これは無手数料です。
しかし地方銀行となると 振り込み手数料が 「お客様負担」となってしまい
(金額にもよりますが)ん百円かかることになり 得策ではないです。
2009/10/11(日) 09:13 | URL | トラとタビ #-[ 編集]
トラとタビさん、コメントありがとうございます。

 顧客口座から投信会社口座への口座振替手数料(1回100円~200円程度)は、現時点では大多数の販売会社では、販売会社負担となっているようですね。
 もし、宜しければ口座振替手数料を顧客から徴収している販売会社を教えて頂けますでしょうか?

 集金代行業者は、対象の全金融機関に自社口座を開設した上で口座振替契約を締結しているはずですが、地方銀行レベルの金融機関は、どの業者も網羅しているようです。

 ともかく、自然体に振替されてしまうスタイルは投資家の精神面でも、また投信会社の運営面にも有益ですね。
2009/10/11(日) 08:36 | URL | #lawMbO2I[ 編集]
もう1点ありました。
給与が振り込まれる 田舎の地方銀行からでも
(表向きは)無手数料で毎月 引き落としてくれるのは
大変ありがたいと感じています。
証券会社では こうはいかないですから・・・
2009/10/10(土) 13:32 | URL | トラとタビ #-[ 編集]
トラとタビさん、いつもありがとうございます。

ご指摘の通り、ファンドへの継続的な資金流入に伴い「(1)ファンド全体の時間分散投資効果」を、確実に受けるでしょう。仮に個人がファンドを購入せずとも、自然体で一定のリバランス効果を得ることができます。
 しかし、「(2)個別に時間分散した継続購入」に因る購入価額の平準化効果の大きさには及ばないでしょうから、なるべくなら継続投資する方が望ましいかな?
 今後、順調に残高が増加するに伴い、相対的に(2)の効果がより強くなっていきます。
 何はともあれ、保有していることを意識させないセゾンGBFであって欲しいものです。

2009/08/17(月) 22:26 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
コストのみを頑強に主張している顧客 トラとタビ です (笑)

期待している点
約35000口座もあり60%超が積立しているところ。
(毎月数億円がコンスタントに入金される。)
現状は私も積立していますが 将来 積立ができなくなった場合も
他人様のお金で ファンドとしてサブファンドの買付をドルコスト的に行えるというのは
心強いと感じています。
2009/08/16(日) 06:53 | URL | トラとタビ #-[ 編集]
トラとタビさん、コメントありがとうございます。

 将来、信託報酬を低減する方針があるのことはいつぞやのセミナーで聞いた記憶があります。
 あまはらは、コストのみを頑強に主張する顧客に、現段階であまり無理に媚びなくてもいいのではと邪推しています。
 それよりも、まず事業の収益基盤を強化して、永続できる可能性を確立すべきです。
 目論見書に明記するファンドもありますが、明記するということは限度を宣言するとの事ですので。
 現段階で、早々に限界を示さなくてもと考えています。
 将来を信じて託すかは個人判断になりますが、普通のインデックスファンドよりは期待できそうです。
2009/08/15(土) 00:09 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
因みに40%は 投資に回している金額内での比率です。
預金なども合わせた全資産での比率では30%強といったところでしょうか

資産配分
そうですね。
納得いかなかったら 買わなければいいだけのことですからね。

信託報酬の低減
もちろん 今すぐは難しいでしょうね。
でも 『純資産総額が増えたら低減する。』と(セミナーには行った事がないですが) 
言われているそうですし 対談記でも見たことがありますが
いくらになったら いくらに低減する! のか明記しないと 口約束ですからねぇ・・・笑  
2009/08/14(金) 23:02 | URL | トラとタビ #-[ 編集]
トラとタビさん、コメントありがとうございます。

 現在11%程度の保有比率に留まっているあまはらです。

 早速、御紹介いただいたアンケートサイトも拝閲いたしましたが、資産配分に関しては割切りも必要でしょう。各人に心地よい資産配分をバランスファンド1本に求めるのは、お門違いに思えます。今後、投資比率1%単位の感覚で100本の投資信託が発売されるようでしたら、それもまた興味深いものですが・・・

 信託報酬も安くして欲しいとの意見ですが、叶うならあまはらも安い方がもちろんいいです。
 しかし、セゾン投信が事業運営できる水準に至るまで、値引きの話が出来るとも思えません。事業運営レベルに対当して、一定の費用は絶対にかかります。そして、運営費用はファンド投資家が負担すべきものです。
 昨今の低廉化した投資コストは、社会厚生面からの弊害が大きいとも考えていたりするのです。
2009/08/14(金) 22:27 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
今のところコア(と言っても40%くらいですが・・・)にしています。
ただ より良い商品(資産配分や信託報酬など)が出てくれば 乗り換えるかもしれませんね。
みなさん いろいろ要望もあるようです。
http://enq-maker.com/result/abfp75b
現状にあぐらをかいていると 足元をすくわれるかも
2009/08/14(金) 21:48 | URL | トラとタビ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

 大多数のインデックスファンドは運用の目標として、「著名なインデックス指数(MSCIコクサイなど)に連動させること」と目論見書に明記されています。
 すなわち、同じ指数に連動することを運用目標とするインデックスファンドA,Bの2種が存在した場合、両者は極めて類似した商品です。差別化はせいぜい、運用コストや販売チャネルに限られます。はっきりいって、どのインデックスファンド(ETF)を買っても運用成果に大きな違いはありません。
 このような差別化が効かない商品と揶揄してコモディティ(日用品)と表現しているのですが、一方、投資家の期待から大きく外れた運用が行われないという絶対的利点があります。
 多くのアクティブファンドはファンドマネージャーの個性が運用に強く反映しますので、自らの期待にそぐわない運用になることも長期運用の中では、遭遇する確率が高くなります。
 中には、ファンド売却に至る場合も多くあるでしょう。アクティブファンドを長く持つには個別株式投資同様に、運用主体に対する徹底的な信頼心を築く必要が有ります。

 その点、インデックスファンド主体の運用は期待はずれによる売却を回避される点で、長期的なファンド残高増加に寄与していると考えているのです。


2009/08/14(金) 21:47 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
楽しみにブログを拝見しています。今回のエントリの「インデックスファンド自体のコモディティな商品特性」とはどういう意味でしょうか?
2009/08/14(金) 09:37 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/359-9e2b1fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。