月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだら模様の投資生活ポートフォリオ(2009年7月)

 政治の面では、ようやくといっては何ですが、今月8月に衆議院総選挙を迎えることになりましたね。4年の任期満了を迎えることがほとんど出来ないのが衆議院議員の立場ですが、大東亜戦争以後に限ると、任期満了は1976年三木内閣の時の1回のみですので、戦後2番目の任期の長さを記録したことになるようです。

 一方、経済状況を移す鏡(?)とも云われる、株式市況は7月も活況状態が続いていますが、果たしてどこまで行くのやら・・

 さて、まだら模様の投資生活サイト管理人のポートフォリオは今月も前月比プラスで最高値を更新していますが、中身の比率はかなり変化しています。
まだら模様の投資生活ポートフォリオ200907

株式投資→J-REIT投資にポジション変更

 最も大きなポジション変更は、全体的な株式投資比率を前月の80%台から70%程度に引き下げる一方、破綻リスクが沈静化し、常識的な利回りへの収斂傾向が見えてきたJ-REITに対する投資比率を一気に引き上げました。
 J-REITへの投資方針は、昨年10月以降に行った短期鞘取りを狙った投資ではなく、現状の投資利回り(5%~8%台)を踏まえた、中長期保有を視野に入れています。

 投資銘柄は、これまでの福岡リート投資法人(8968)、阪急リート投資法人(8977)集中から、ジャパンエクセレント投資法人(8987)、プレミア投資法人(8956)、MIDリート投資法人(3227)等、中堅リート全般に拡大させ、J-REIT全体から生じる果実を収穫したいのが思惑です。

内需銘柄のポジションを大幅縮小

 これまで日本政府等により創出されたリーガルアーブに支えられ、需要の安定性が高いことを理由に保有し続けていたエイジス、日本ERIの2社を売却の主要ターゲットとし、ポジションを大幅縮小しています。
 大きな理由の一つとして、日本の内需型産業が直面する需要縮小の長期化が強く懸念されることにあります。これまで需要安定度が高かった、食品小売業、旅客運輸業などの内需型企業でも売上高の減少に直面し、需要減少は一時的なものでなく、水準訂正を含んだ長期化の様相を呈しています。

 一般的に、需要が安定した事業を背景とする企業には、事業運営への緊張感に欠け、過剰な設備投資に伴う高水準な物件費や、従業員等の人件費の高止まりが生じている傾向が高いようです。

 需要減少に対応するためには、経営者の経営感覚、および従業員の労働感覚の変革がまず必要となりますが、変革にはより多くの時間、追加コストが浪費されることが、株式投資家側の視点から非常に危惧されます。
 すなわち、安定内需型企業群は企業を取り巻く利害関係者(仕入先、従業員、販売先、債権者、株主・・・)の中でも、従業員への利益配分が過大となっている傾向が本質的に高いといえます。

 このような企業が、事業スパイラルの逆回転に直面すると、途中で歯車を止める事さえ出来ないリスクが高いように感じ取れるのです。

さわかみファンドからひふみ投信へシフト検討

 今月もさわかみファンドの売却は続けていますが、売却資金の一部はひふみ投信へ振替えを検討しています。
 さわかみファンドは、景気循環型の優良企業を中心に保有し、かつ相場変動を裸で受ける富裕層型の運用ですので、投資家の心理的な負担が大きいと考えています。さらに、投資金額が少額であったり、投資タイミングを誤った投資家には尚更でしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ご協力宜しくお願いします。
ジパング再来 大恐慌に一人勝ちする日本
ジパング再来 大恐慌に一人勝ちする日本
講談社 2009-07-30
売り上げランキング : 20

おすすめ平均 star
star改めて感じる「日本の本当の強さ」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
コメント
この記事へのコメント
その実は、直販投信ファンドオブファンズの集合体
トラとタビさんへ

長期投資ファンドというファンドはありません。個人的には、TMA長期投資ファンドが公募ファンドであったなら、是非個別に買いたいところですが・・
 さて、現時点の長期投資ファンドの中身は、「ファンズオブファンズ形式の直販投信」です。
 これは、去年多くの直販投信ファンド(浪花おふくろ、かいたく、らくちん)が新規設定された際に、まとめて一括記載したことに端を発しています。
 以前は末尾にFoFをつけていましたが、今は省略してましたので、少々わかりにくかったようですね。
 
 さわかみファンドも、セゾンバンガードも長期投資型ファンドと認識していますが、投資ポジションが大きいのであえてまとめませんでした。(しかし、さわかみはこの1年で随分と痩せました・・)

 もし、時間がございましたら過去の運用ポートフォリオの推移をご笑覧いただけると幸いです。
2009/08/15(土) 00:24 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
教えてください
教えてください。
3つ目の『長期投資ファンド』というのは ある特定のそういうファンドがあるのでしょうか?
それとも いくつかのファンドをまとめて そう表現されているのでしょうか?
だとしたら 『さわかみ』『ひふみ』『セゾンバンガード』も長期投資ファンドだと思うのですが・・・どのような区分なのでしょうか? 
2009/08/14(金) 22:17 | URL | トラとタビ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/354-c41f3297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。