月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネックス債ラインナップから3ヶ月物がなくなる

 マネックス証券が、2007年7月から発行を続けている個人向けマネックス債ですが、2009年6月、7月と連続して発行され、第20回債の発行を迎えることになりました。

 2009年3月に発行した第16回債(3ヶ月もの)、第17回債(6ヶ月もの)から新たに6ヶ月ものが発行され、2009年6月も継続されました。(第18回債(3ヶ月もの)、第19回債(6ヶ月もの))
 しかし、今月は3ヶ月ものはなく、6ヶ月もの(第20回 マネックスグループ株式会社2010年1月22日満期1.10%円建社債)1種類のみ発行予定となっています。
 
 6ヶ月ものの円建て社債発行市場は、マネックス証券に比する強力なライバルが存在する市場です。
 

SBI債とマネックス債の利回り差は妥当?

 今年春から発行が始まったSBI債(SBIホールディングス株式会社円建社債)はマネックス債の強力なライバルです。なんといっても、利回りが段違いに高いのが一番の魅力です。

SBI債とマネックス債比較
SBI債個人向けマネックス債
格付けBBBBBB+
発行利回り年1.80%(第3回債:2009年4月発行)年1.10%(第20回債:2009年7月発行)

 
 格付け1段階の違いが年0.7%の利回りの差を生んでいますが、この差が妥当かの判断が重要です。実際に両債券の格付けを行っているJCR(日本格付研究所)のホームページには、格付け毎のデフォルト実績率が掲載されています。
 今後1年間にデフォルトになる確率として、格付けBBBクラスの場合0.12%、Aクラスの場合0.05%とのことですので、BBBクラス(SBI債)とBBB+クラス(マネックス債)の差は数ベイシス内の差に過ぎません。
 個人投資家がこのデフォルト率の差が、利回り0.7%繋がっていることを妥当かと考えるとはとても思えません。実際に債券購入を判断する場では、0.数%のデフォルト率の差よりも、利回り差0.7%が優先されること間違いなしです。めったに起きないことに目をつぶるプロスペクト理論の結論通りになるでしょう。
 その点からも、今回の6ヶ月ものしか発行されていないマネックス債発行利率1.10%には割安感がありません。マネックス債の売れ行きが伸びるには、ライバルを意識した利回り設定が必要でないかと思うのです。
 逆に比較的高利回りであった3ヶ月ものの発行を取り止めた真の理由が知りたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ご協力宜しくお願いします。


奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録石川 拓治

幻冬舎 2008-07
売り上げランキング : 428

おすすめ平均 star
star『りんごのおじさん』は実在の人物です。 木村秋則さんの記録
starすごい人生!そしてすごい本!感謝!
star涙を拭きながら・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
コメント
この記事へのコメント
債券のリスクは複雑ですね
lazisさん、コメントありがとうございます。

 確かに、2%程度で資金調達すれば現時点よりは改善するWINWINの関係とのことですが、個人相手の場合、まだまだ値引きする余地はありそうですね。
 即完売ということは、逆説的には価格が誤っているといえるでしょう。次回のSBI債はどうなるでしょうか・・
2009/07/13(月) 23:39 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
SBI債はマネ債より安全だと思う
すばやい訂正、感謝です

SBI債の高利率の裏付けはリスクが高いというよりは、グループ内で確実な運用の当てがあるからだと思います

例えば信用取引の実質的な利子部分、やグループ内の住宅ローン、近々開始するオートローンなどは、2.0%以下で資金を用意すれば確実に鞘は抜けますからね、売り出しも自社なのでここで手数料取られないし

しかも、今回は社債の借り換えで、もっと信用ない時行った大口相手の社債の利率は確か2.2-3%でしたから、売り切った時点ですでに0.5%鞘抜きの状態です
SBIHにとっても、個人投資家にとっても良いファイナンスであることは、出すたびに即売り切れということでわかります

それでも、社債は社債、それなりのリスクはありますが
2009/07/13(月) 09:50 | URL | lazis #pBxgSSgQ[ 編集]
早とちりです。
lazisさん、コメントありがとうございます。
> SBIホールディングスは現在ソフトバンクと資本関係はまったくありません
おっしゃるとおり、2006年8月にソフトバンクが株式を売却して、SBIホールディングス社との資本関係はなくなっていますね。
あまはらの中でも、SBIとソフトバンクのブランドイメージが被っていたようです。
携帯事業関連の記述は削除しておきます。

ご指摘ありがとうございました。

そして、今後とも宜しくお願いします。
2009/07/05(日) 19:35 | URL | あまはらです #-[ 編集]
ちょっと勘違い?
>えません。SBIホールディングスは携帯電話事業に係る多額の借入金を抱え財務ストレスが高いと考えられるため、デフォルト率の観点からは格付けランク差は納得できるものです。

SBIホールディングスは現在ソフトバンクと資本関係はまったくありません
2009/07/05(日) 18:44 | URL | lazis #pBxgSSgQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/347-0a3bacd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。