月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだら模様の投資生活ファンド運用状況(2009年6月)

 2009年も早くも折り返しを迎えています。政情は衆議院選挙一色に染まろうとする中、株式市場は活況が続き、6月のTOPIX騰落率も前月比プラス3.5%と3ヶ月連続でプラスとなっています。
 まだら模様の投資生活ポートフォリオも前月比プラス4.3%と引き続き好調でしたが、今回は当ブログサイト開設時(2007年3月)以降のポートフォリオ資産残高の推移をセゾンバンガードグローバルバランスファンド、およびTOPIXと比較してみました。
まだら模様の投資生活ファンド200906
 約2年余をかけて、過去の最高資産残高をようやく更新できました。この間、運用方針は2007年頃のインデックス運用至上主義時代から、2008年のアクティブファンド運用志向を経て、個別銘柄投資と徐々に様変わりさせましたが、道程は長かった・・

 対照データとして記載したセゾンバンガードグローバルバランスファンド、TOPIX(≒さわかみファンド)もまだら模様の投資生活ファンドには相当な割合で含んでいることを踏まえると、2008年11月以降の急回復は、個別投資(株式、REIT)に変更した効果が高かったと考えています。

 さて、毎月のまだら模様の投資生活ポートフォリオ構成ですが、2009年6月の変更は小規模なものでした。
まだら模様の投資生活ポートフォリオ200906

ユー・エス・エス(4732)のポジションを縮小

 中古車オークション会場運営最大手のユー・エス・エスについては、投資割合を4分1程度に大幅に引き下げています。中古車流通速度は昨年末以来、大幅に減少し回復の気配が見えていません。(ユー・エス・エス社月次データ参照。)
 事業構造、収益構造の観点から大幅な利益減少まで陥ることは考えにくい企業ですが、中古車流通量が増加を見せるまでは、収益改善は遠いと見ています。

さわかみファンドのポジション縮小中

 今まで明言はしなかったのですが、さわかみファンドへの投資額を毎月減らしています。さわかみファンドの運用に対する期待と結果が乖離し、および運用結果に対するファンド運用側の納得しかねる説明、および情報開示内容の削減など、長期的なお付き合いは厳しい感が形成されつつあります。現時点の相場活況局面は絶好の売り場と考えているのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ご協力宜しくお願いします。

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する
橘 玲

講談社 2009-06-04
売り上げランキング : 68
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/345-43226c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。