月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中日に定時株主総会を開催する企業に投資はするな

 6月26日は平成21年3月期決算企業の株主総会集中日に、今年は1282社(前年比33社減)が集中日に定時株主総会を開催したとのことであり、東証によると定時株主総会集中率は、年々徐々に低下傾向を示してはいるようです。

 一昔前までは90%以上の企業が株主総会集中日に一斉に株主総会を開催していたことに比べると、改善が少しずつ進んでいるといえるでしょう。集中日開催の大義名分となっていた総会屋対策も、最近は聞こえてこなくなりました。

 そのような状況下では、個人株主にとって、株主総会の集中開催は何一つ得るものがない迷惑千万ものといえるでしょう。しかし、未だに1000社以上の企業が集中日に株主総会を開催しているのです。
 あまはらは、投資対象の判断するための有力な材料として、「株主総会集中日に株主総会を開催しない企業」を挙げておきます。

 株主総会に実際に出席されたことがある方はお解りいただけると思いますが、大多数の企業では総会開催前に決議結果は内々に判明した状態で開催されます。さらに議事は極めてシステマチックに進行し、会議らしき面影は質疑応答の機会に限られますが、質疑応答に一株主の極めて個人的な愚痴や、株価上昇に関する愚問で多くを占められているのが実情ではないでしょうか?

 形骸化した株主総会さえも怖れて、集中日に開催する企業が未だに多いのが甚だ残念です。確かに決算期末後3ヶ月以内に総会開催に向けての決算、監査スケジュールがタイトであるのは確かですが、集中日から一日もずらせないことはないはずです。

 株主を足蹴にする企業群に、自らの資金を投じる意義は見出せませんので、あまはらは東証の「株主総会開催予定日一覧」を参考に、投資企業ユニバースから予め除外しています。中には、事業的な魅力が高い企業も存在しますが、株主リターンが期待できないので残念ながら投資対象外にしているのです。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/343-d3963b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。