月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめ投資本(1) 投資戦略の発想法

 投資を考えてみようという皆様に管理者が持っている書籍からお薦めの書籍を紹介します。
 どれも、読んですぐに経済的自立に一直線とは決していきませんが、投資世界の深さを知ることができますよ。

投資戦略の発想法 2008 (2008)投資戦略の発想法 2008 (2008)
(2007/12)
木村 剛

商品詳細を見る

まず、一冊目として取り上げるのは「投資戦略の発想法」です。著者は投資雑誌ファイナンシャルジャパンの編集長でもある木村剛さんです。この本には投資に臨むために持つべき心構えが端的にまとめられています。
 まず、投資を考える前に生活防衛資金確保の重要性を訴え、確およそ2年分のキャッシュアウトフローを投資以外に確保することが必要とあります。2年分とは相当長期とも思えますが、リスク回避には必要とのことです。
 従って、サラリーマンが最も力点を置くべきはキャッシュフロー増加が最も見込みやすい、すなわち自分の最も得意な分野である仕事への投資であるとの結論もうなずけます。
 このように投資に当たりリスクサイドから考えることの重要性の思想が一冊の全般にわたり脈々と流れている本です。
 管理者はこの本(初版本でしたが)を読んで、それまでの頻繁な売買を行っていた株式投資等への考え方が一変しました。初心忘れるべからずと年に1回程度は読み返すよう心が得ています。
 皆様にも、是非とも御一読をお薦めします。




ブログランキングに参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/34-5c582d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。