月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株主総会出席で利回り向上?

 ダイヤモンドZAIの2009年7月号に株主総会を10倍楽しもう!と題した記事が掲載されています。
 記事の中では、単元株を保有し、株主総会に出席した投資家の「実感利回り」試算結果が紹介されていました。
 「実感利回り」とは、株主総会出席者に手渡されるお土産を金額換算して利回りに反映させて、「配当利回り」、「株主優待利回り」、「お土産品利回り」の合計で算出されているようです。
 試算された実感利回りの中には、投資としてはかなり魅力的な数値が並んでいました。

 しかし、安定した資本の供給と株主交代の場を提供するという株式市場の本質的役割の真の発展を期待するあまはらは、お土産と懇親会出席目的で株式投資を促す事態は常識的に考えても、あきらかにやりすぎの範疇に入ると考えています。

 確かに投資利回りは誰でも高い方が好ましいことであり、利回り向上のために多くの投資家は思考を廻らせています。が、お土産品を換金だの、懇親会でタダ飯にありつくなどの利回り向上アプローチは、全然美しいものでありません。
 特に、複数の企業掛け持ちで、株主総会に実質的に参加せずにお土産品の回収や食事目的での懇親会への出席を助長するなど、あってはならないことです。
 何のために企業は株主総会に出席した株主にお土産を配っているのか、そして、株主懇親会を開催しているのかに対する視点が全く欠けていると云わざるを得ません。 

株主は資本平等に扱うべき

 古今東西、資本提供者にその持分の割合に応じて配分するのが、資本の世界における平等のスタンダードです。
 株主優待や、株主アンケート粗品、株主総会のお土産品、懇親会の開催などは、企業が提供する商品・サービスの体験や、株主総会会場にご足労頂いた株主への日常的な手土産品という副次的な位置付けから、決して踏み外してはならないです。
 その点において、株主優待に関しても、企業の営む事業と関連しない金券類(おこめ券、QUOカードなど)を過度に配布するのも有害といえます。株主数増加を目的とした場合でも、単元株以上保有者への一律提供に留め、極力株主平等の原則に反する分配は慎むのが、資本効率を配慮した経営を行う企業(すなわち投資に適した企業)といえます。

資本の質を向上させる施策を

 そのように考えると、昨今の10万円未満でも単元株を取得できる水準は、価格が低すぎて質の浅薄な資本が混入していることを危惧しています。
 あまはら個人的には、一単元を取得できる価格を今より上昇させる規制を設けるべきと考えます。
 投資単位が上昇すると投資家も資金が限られますので、投資対象企業をより選別することになります。単に、株主優待、お土産、もしくは懇親会等の副次的なものでなく、企業そのものに着目した投資がより期待できることになります。ひいては、資本を効率活用する企業への資本流入を促進することで健全な資本市場の発達が期待できるのです。

株主優待タダ取りにも規制が必要

 株主優待といえば、権利獲得日に現物買いと信用売りを組み合わせることにより、株主優待のみを獲得するいわゆる優待タダ取りも、極めて不健康な資本といえます。はっきり申し上げて、企業活動の役にも市場の価格形成促進の役にも立っていないのに株主優待(および総会議決権)を掠めとる裏街道の手段といえます。
 数年前の株式分割騒動(ライブドアの100分割とか)と同様、タダ飯のルートは何らかの形でふさいでおく必要があると真に思うのです。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
りーさん、コメントありがとうございます。
 久しぶりに不快感を覚えた記事でした。
 懇親会も最近は中止する企業が増えているとの噂が聞こえています。
 せめてマネー誌が煽ることは、やめて頂きたいものですね。
2009/05/25(月) 22:35 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
読みました
私もその記事を読みましたが、個人的にはやりすぎ感を感じました。
ちょっとずれてるんじゃない?と。

まぁ、懇親会とかは少しでも個人を誘導したいって思惑があっての事でしょうし宣伝になって個人投資家が株を買ってくれれば企業にとっては良いんですかねぇ。
2009/05/24(日) 23:53 | URL | りーさん #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/336-78fbe1f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2013/07/25(木) 20:09:40 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。