月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セゾンバンガードグローバルバランスファンドの地域別投資配分

 セゾン投信の世界分散投資バランスファンド「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の株式投資は5本のバンガード社インデックスファンド(Vanguard Index Fund)への投資を通じて行っている。ファンドの目論見書によると、「各々の地域の地域別投資配分については、各地域の市場時価総額を反映して、適宜見直しを行います。」とあります。当エントリーでは、地域別投資割合に焦点を当てることにします。

 世界市場時価総額のインデックスとしては、モルガンスタンレー社が事実上の標準となっており、セゾンバンガードグローバルバランスファンドが投資対象とする5本のファンドの内、4本は各々モルガンスタンレー社のインデックスに連動して運用されています。

バンガード社インデックスファンドとベンチマーク
ファンド名インデックス(ベンチマーク)
Vanguard U.S. 500 Stock Index FundSP500
Vanguard Japan Stock Index FundMSCI Japan Index
Vanguard European Stock Index FundMSCI Europe Index
Vanguard Emerging Markets Stock Index FundMSCI Emerging Markets Index
Vanguard Pacific ex-Japan Stock Index FundMSCI Pacific ex-Japan Index


 世界市場における時価総額割合については、MSCI All Countires World Indexに連動する海外ファンド(ACWI)の投資割合を用いて、バンガードのファンドに各々適用してみました。(但し、U.S.500についてはアメリカ、カナダの合計としています)
xファンド別国別投資割合(2009年3月末)
バンガードファンド名MSCI ACWI
国名投資割合
Vanguard
U.S. 500 Stock
Index Fund
47.57%アメリカ44.08%
カナダ3.80%
合計47.88%
Vanguard
Japan Stock
Index Fund
11.54%日本9.94%
合計9.94%
Vanguard
European Stock
Index Fund
26.72%イギリス8.63%
フランス4.09%
スイス3.80%
ドイツ3.31%
スペイン1.74%
ブラジル1.58%
イタリア1.50%
オランダ1.37%
スエーデン0.86%
フィンランド0.47%
ベルギー0.30%
デンマーク0.29%
ノルウエイ0.29%
オーストリア0.16%
ポルトガル0.16%
ギリシャ0.12%
アイルランド0.02%
合計27.11%
Vanguard
Emerging Markets Stock
Index Fund
10.93%中国1.78%
ブラジル1.58%
韓国1.38%
台湾1.28%
南アフリカ0.95%
インド0.62%
メキシコ0.61%
イスラエル0.47%
ロシア0.36%
インドネシア0.28%
マレーシア(※)0.27%
タイ0.22%
チェコ0.19%
エジプト0.14%
ハンガリー0.13%
ペルー0.12%
ポーランド(※)0.12%
チリ0.11%
トルコ(※)0.10%
アルゼンチン0.08%
コロンビア(※)0.06%
フィリピン(※)0.05%
合計10.90%
Vanguard
Pacific ex-Japan Stock
Index Fund
4.25%オーストラリア2.66%
香港1.37%
シンガポール0.56%
ニュージーランド(※)0.04%
合計4.63%
※印はMSCI ACWIに含まれていない。各地域別MSCI Indexから時価総額比を算出

【投資ウエイト変化は漸進的に・・】

 グローバル経済化に伴い、世界の株式市場の相関性が高まっていますが、今後の世界市場の時価総額割合がどのように変化するかを考えると、確実に言えるのは短期的に目に見えるはっきりとした変化は起きないことです。
 しかし、現下では、先進諸国でGDPのマイナス成長が見られる一方、中国などの新興国ではGDPプラス成長を維持しているため、中長期的に一歩ずつ差が詰まっていくことが想定されます。
 現在の時価総額比で投資配分を維持した場合、時価総額比が高い先進国の鈍重な成長に引きずられて投資成果が悪化する危険性は含まれています。

「適宜見直しを行います」の言葉には、現段階でのメジャープレーヤーによる安定運用を重視しながらも、投資成果へも配慮することと捉えています。ただし、セゾンバンガードグローバルバランスファンドの運用開始後(2007年3月)現在までには、2008年のパシフィックファンド組入れ時を除いて、際立った投資比率の変更は行なっていないようです。
 来るべき地域別投資配分の変更方針については、ぜひ月次レポート、もしくは運用報告書で運用方針の言葉として、報告をお願いしたいものですね。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
世界インデックス分散投資
このファンドは一本で世界に投資できる優れたファンドのようですね。

分散投資としてまずは買いのファンドというところでしょうか?

応援していきます
ポチ
2009/06/07(日) 20:13 | URL | 海外ファンド購入 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/332-386eab38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。