月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだら模様の投資生活ポートフォリオ2009年1月末

 2009年に入ってから、今回の信用収縮が想定以上の大きさであり、特に需要減が強く意識されてきました。特に事業運営に大資本を必要とする企業は、新規投資の抑制、事業維持コストの削減などに躍起になっている状況です。人件費削減に関しても、昨年までの変動人件費削減(派遣切り)では不十分で、固定人件費削減(正社員切り)の段階に至っています。
 負のスパイラル解消の糸口が見えるまでは、株式投資には良い環境とはいえません。あえて、投資を行うのであれば、需要減の影響が少ない企業群への投資がより安全な状況です。
 
 さて、まだら模様の投資生活サイト管理人の2009年1月の運用ポートフォリオですが、2008年12月末比でマイナス3.7%と株式投資比率の大きさが影響して、マイナス圏を推移しています。しかしながら、日本株式比率が80%近くに達しているにも関わらず、TOPIXの月間変動マイナス7.6%に比べると、オーバーパフォームとなりました。
 しかし、運用の制約となる負債や資産保有制約をを抱えていない個人投資家の立場として、絶対収益を注視する方向で評価すべきでしょう。短期売買も取り混ぜて、運用成績改善を行いたいものです。
まだら模様の投資生活ポートフォリオ200901
 ポートフォリオに占める個別株式比率が著しく増加したために今月から銘柄単位に記載してみました。2007年初には、さわかみファンド、長期投資ファンドで50%超を目論んでいましたが大幅に方針転換しています。
 続いて、2009年1月の個別投資状況についても振り返ってみます。

セゾン資産形成の達人ファンドを一括処分

 長期投資ファンドの比率が1%ほど低下していますが、前エントリーで決断した通り、資産形成の達人ファンドを損切処分いたしました。定期買付停止の手続き上、来月は定期買付が行われ再度保有することになりますが、残高反映同日(2月24日予定)に売却します。長期投資ファンド全体で、まだら模様の投資生活ポートフォリオの主要銘柄と同規模のエクスポージャーに過ぎないため、信頼関係の大きな増幅あるいは毀損が生じない限りは現状を維持する方針を持っています。

ネクストを利益確定売却

 保有銘柄の中では、ネクスト(2120)が2008年10月の13000円台から、約3ヶ月後の1月末で68500円と約5倍に急伸しています(Yahoo!ファイナンス株価情報)。 事業の性質、安定性、株価等を総合的に勘案して、残していたポジションを全部売却しました。ネクスト社は、現預金を長期間、多数保有しているにも関わらず無配が継続しており、株主配分の姿勢に不安を抱えていることも売却要因の一つです。

大型銘柄の組入れも継続中

 ポートフォリオに占めるその他株式銘柄の比率は今月も上昇しています。投資銘柄は消費財、もしくは消費者サービスを事業領域とする事業安定性の高い企業が中心です。現時点の保有銘柄の業種は、食料、医薬品、輸送、などです。今後は、小売業も考えていますが、主力銘柄とかぶってしまうため、現段階では考慮中が続いています。
 さわかみファンドの代わりとなる器の準備を着々と進んでいます。既にさわかみファンド残高よりも器の方が大きくなりつつありますので、切替日もそう遠い未来ではないかもしれません。

 補足となりますが、J-REITの投資割合が半減しているのは、売買タイミングの谷間となったためです。引き続き、運営に安心感がもてるJ-REITは投資対象としては有望との考えは続いています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/312-ceb2641b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2013/12/19(木) 13:37:26 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。