月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわかみビレッジが実働段階に入ったようです

 さわかみ投信がいよいよ、さわかみビレッジ建設への実際の第一歩を踏み出そうとしていることが、報道されている。
 循環型まちづくり着手へ 高島 ファンドの利益、年間数億円活用 (2009年1月5日の京都新聞より)
 記事によると近く、滋賀県高島市に約10ヘクタールの土地を取得して、サテライトオフィス、社員の住宅、寮、や文化ホールなどを整備するようです。

 さわかみビレッジ構想自体は101年プロジェクトと銘打たれた、
長期的視点に立った,社会との様々な形での共生活動の一つとして位置づけられているようです。
 何より、さわかみ投信としての設定した目標を、大言壮語とならずに着実に達成しつつあることに関しては、祝福の意を示したいと思います。なかなか実現できることではありません。企業という存在は社会無くては存立できませんので、たゆまぬ社会還元の姿勢は企業の存在基盤を保持する上でも不可欠な行為と考えます。

 しかし、澤上ビレッジ建設に対して、現在のさわかみファンド投資家側から注がれる視線は、かなり冷ややかなものになるでしょう。
 その理由は以下のように整理できるのではないでしょうか?

さわかみファンドを取り巻く利害関係者間の利害調整が著しくアンバランス

 ファンド保有側のさわかみファンド顧客は、ファンドを運用側のさわかみ投信株式会社に保有ファンド残高の年0.9%の報酬をファンド運用側に渡す代わりにファンド運用による損益を享受する仕組みです。
 さわかみ投信株式会社はファンド運用業務による利益を、親会社のさわかみ合同株式会社に配当金として上納します。さわかみ合同会社は受領配当金を原資に社会還元活動を行います。
 よく、一財を成した創業者の持株を基金として設立された財団が大株主となっている企業がありますが、それと類似した仕組みといえます。
 このモデルではファンド顧客とファンド運用側が双方に利益が残る(WIN-WIN)の関係であれば、よくできた仕組みと評価できますが、現状のさわかみファンドでは保有ファンドの値下がりが著しく、一方的に顧客が不利益を被っている状態です。
 にも関わらず、ファンド保有側に配慮することなく、ファンド運用側が金銭的利益を元手に自らの理念を優先し、精神的利益まで享受しようとしている所に、不満の源泉があるのです。

 さわかみファンドが現下の状況で101年プロジェクトに邁進することは、ファンド保有者よりも地域社会との共生が優先事項であることを行動で示しているといえます。
 換言すれば、さわかみファンドはファンド購入層にはお金の供給を中心に期待しているといえます。

 そのような観点から見ると、澤上篤人氏による常に買い場と煽る言動には合致がいきます。個人投資家による株式投資を増加させ、株式市場への資金流入増加し、そして株価が上昇し、ファンド保有者を納得させる結末こそが、さわかみ合同会社による経営理念成就に密接に関わるからです。
 
 さわかみファンドの描くストーリーでは、個人投資家による日本株式への投資増加がキーワードとなっています。さわかみファンド船に同乗するか否かによって、結果は大きく変わらないように思えます。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
たいぞうさん、はじめまして

 さわかみファンド側の視点からは、一定の信託報酬を頂くことは「予め決められた約束事」でありますし、さらには信託報酬の割引などを行う気概も残念ながら無いようです。
 最近、さわかみファンドの存在は日本にきちんとした投資家を増やすためには、マイナス要素であると認識するようになりました。

 あまはらも、たいぞうさん同様にさわかみファンドからは徐々に下船を続ける方針ですので、この点はお仲間ですね。
 
2009/03/08(日) 07:12 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
はじめまして
いや~,さわかみ投信株式会社には今まで薄々疑念を持ちながらも,保有分の価格があまりにも凹んでしまったため,現実を直視出来ずに惰性でナンピンを続けていましたが,こちらの記事を拝見させて頂いて一気に目が醒めました。
ありがとうございました。

プロと言いつつ結果に責任を負わず,リスクだけ投資家に押し付けて,自分達は確実に報酬を得て理想を追求する。
顧客を「ファンド仲間」と,さも仲間のように謳い,継続的に商品を購入するよう煽り続ける。仲間だったら,リスクを共有して,成績が振るわないなら信託報酬を返上するくらいの気概が欲しいところですが…。

価格が戻ったら,財産留保の範囲内で数回に渡って解約しようと思います。
2009/03/06(金) 18:00 | URL | たいぞう #HfMzn2gY[ 編集]
フォローするわけではありませんが
『投信の基準価額自体に安いも高いも無い』というのは
A,B 2つの投信が合った場合
A:5000円 B:10000円であっても
Aが割安 ということではないという意味でしょう。
単にスタート時期が異なることによるものですから

セゾンの達人ファンドも全部売却したので
関係無いといえば無いのですが
現状の私の考えに近い表記がありましたので・・・
http://noload.558110.info/OragamachiToshin.html
2009/02/15(日) 09:24 | URL | トラとタビ #-[ 編集]
はじめまして。

>常に買い場と煽る言動

以前にQ&Aか、想定問答か忘れましたが、
『投信の基準価額自体に安いも高いも無い』という記事を信用して、
高値で買い付けた結果が現在の運用成績です。

投資は自己責任ですからね。
いい勉強代になりました。
2009/02/14(土) 16:39 | URL | 勉強 #Z53cvNG6[ 編集]
SHINOさん、トラとタビさん、コメントありがとうございます。

 ヴィレッジ構想がさわかみ合同会社の独自アクティビティであることは、重々承知しております。
 あまはらの本心は信託報酬の引下げよりも、現在のファンド顧客層に適合させた運用も検討して頂きたいと思うところなのです。「あなたがファンド哲学を理解できていない」と言われればそれまでなのですが・・。
2009/01/11(日) 20:33 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
ヴィレッジ構想に賛成でも反対でもないのですが・・・
まぁ お金があるなら 景気対策の一環として 事業をやってもらうことは 良いのかかなと
理想・理念は 反対する内容でもないし

ちなみに・・・
ヴィレッジはファンドのお金でやっているのではありません。
合同会社のお金でやっているだけです。
ですから 日本株を仕込むか ヴィレッジ構想か という選択ではないです。

私は直接のホルダーではありませんが セゾンの達人ファンドを通しての 間接ホルダーです。
”今ヴィレッジ構想に使うカネがあるくらいなら” 信託報酬をもう少し下げてよ! っていう感情はありますけどね・・・
2009/01/10(土) 08:28 | URL | トラとタビ #-[ 編集]
重大な情報ありがとうございます!
昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。

京都新聞の記事教えていただきありがとうございます。ヴィレッジ構想でやろうとしていることがリアルに知ることができました。

今ヴィレッジ構想に使うカネがあるくらいなら、そのおカネで顧客のために日本優良株をもっと仕込んでおくべきでしょう。

大きな評価損を抱えている私にとって、壮大なヴィレッジ構想にはどうも納得がいきません。
2009/01/07(水) 00:55 | URL | SHINO #ji9YYfJ6[ 編集]
あまはらさん、こんにちは。
早速のup有難うございました。

私は2000年から保有してるさわかみホルダーですが、社長が息子に運用を任せるようになってから、気持ちが離れていってます。
私の周りも世襲は信じられないと皆言ってます。
昔運用してた岡さんは結局ありがとう投信にいきましたし・・・。

あまはらさんの素晴らしい分析で中身が見えてきたのも感謝の限りです。

損をしてる投資家の方々は、値がある程度戻ったら解約しようと皆思ってるような気がします。
信託財産留保金の縛りがある為、少しずつ解約されていくのでしょうが。

ビレッジの実行で、損失を出しているホルダーの気持ちはさらに離れていくのが必定だと私も思います。
ホルダーの殆どが何で今なんだと
反対するでしょう。
ホームページにもビレッジの件、大きくトップにだしてみたら?って感じです。

社長に感銘を受け、信じて託してきた頃が懐かしいです。

長々と感情的な文章を失礼致しました。
あまはらさんのブログ、楽しみにしております。
健康にお気を付け下さい。
またお邪魔します。


2009/01/06(火) 13:02 | URL | issy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/307-815e64dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。