月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ETF投資に対する考え方について

 読者の方から、海外ETF投資についてどのような考えを持っているのかご質問を頂きました。
独立系投信に強いご興味がある印象ですが、最近出たバンガードのETFなどのように超低コストの海外ETFについてはどのようにお考えでしょうか?

 ご存知の通り、当初楽天証券が海外ETFを初めて取扱って以降、マネックス証券、SBI証券など主要ネット証券が次々と取扱いを開始しています。海外ETFのみならず、国内取引市場でもETF取扱の順次拡大が図られ、低コストで分散投資が行えるETFは活況を呈しているといってよいでしょう。

 あまはらも海外ETF(TOKなど)に興味を持ちかけた時期(2008年の投資方針を策定しよう!!もご参照)もありましたが、海外ETFにはこれまで全く投資していませんし、現在のところ検討段階が続いています。
 良い機会を頂戴いたしましたので現時点の考えをまとめておくことにします。皆様の投資のご参考になれば幸いです。

海外投資の目的を資産保全に位置づけ

 あまはらは、海外資産(株式、債券、・・)への投資を国際分散投資により資産を守るためと目的付けています。この点では、低コストで分散投資が行えるETFはうってつけの商品といえます。しかし、海外ETFへの継続投資は、資金調達、購入手続き、銘柄リバランスなどバランスファンドによる投資と比較すると手間がかかってしまいます。
 正直に申し上げて、超低コストで海外投資できることは大変魅力的ですが、手数を省けるという選択肢があまはらの中でより優勢となっています。

長期的に海外ETFの販売が継続されるのか?

 海外ETFは国内市場の上場ETFと異なり、特定の証券会社でしか取扱が行われていません。現在では、取扱証券会社も増えてきていますので、状況が異なってきているかもしれませんが、海外ETFの取扱停止になる恐れを懸念しています。海外投資に関しては、証券会社は、資産管理、分配金管理など、国内株式投資以上に役割を分担しています。海外ETFが本国で上場廃止となった場合、証券会社が海外ETFの取扱停止した場合、強制的に売却しか選択肢がない事態に陥るかもしれません。海外資産の場合はこのような一抹の不安は隠せません。
 言い換えると、既存の証券会社をあまり信用していないというのが本音かもしれません。多くの証券会社は今までに多種多様な商品の販売をはじめて、そしてブームが下火になると販売中止してきた実績を持っています。
 今後一層の円高が進行して、海外投資が下火になると海外ETFが次に中止対象に該当するかもしれません。
 さらに証券会社は金融事業という事業特性上、他人資本に依拠した経営を行っており、破たんする可能性は少ないとはいえません。証券会社は社会インフラの一つであり、まさかの時には政府の救済が期待できる場合もありますが、銀行と異なり絶対のインフラ感は社会に形成されていません。

独立系投信会社への期待とは?

 あまはらが国際分散投資の器として、今のところセゾンバンガードグローバルバランスファンドを選択しているのは、設定当初最も低コストであったことも一因ですが、セゾン投信運営者から発される言霊から、長期的にファンド存続すると期待感が形成できたからに他なりません。
 セゾン投信に限らず、独立系投信会社では、運用者の顔が見え、そして運用者の声が聞こえます。独立系投信会社の全てが優良な運用を遂行できるとは云いませんが、少なくとも判断の機会は他のどの投資信託よりも提供されています。
 充実した情報提供はあまはらが重視する投資対象への信頼を形成する前提となりますので、独立系投信会社の投資信託に注目しているのです。尚、一部の独立系投信会社は一般投資家への情報開示レベルを低下させていますので、要注意フラグを立てています。

その他、個人的な事情もあります

 確かにインデックスファンドによる海外投資は海外ETFよりも遥かに高コストですので、長期的にはETF投資へシフトを決断するかもしれません。
 全く個人的なことですが現状の運用ポートフォリオを眺めると、日本株式運用の高コストが際立っています。ポートフォリオの中で、日本株運用コスト改善こそが真っ先に手を付けるべき課題と位置づけているため、現状の海外投資は一層の手抜き状態になっていますので、ご容赦ください。
今後のまだら模様の投資生活サイト運用の変化にも是非期待してください。

日本人が知らなかったETF投資
カン・チュンド
翔泳社
売り上げランキング: 28069
おすすめ度の平均: 4.5
5 カンさんが見た世界と経済の風呂敷を広げています。
5 ETFの予備知識が無くても、最終的にはオリジナルのポートフォリオをイメージできる本です。
5 実に素晴らしいETF解説本
4 ETF投資本のスタンダード
4 世界にはまだ咲いていない花がたくさんある

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/290-578d804c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。