月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J-REITへの投資回帰

 さて、2008年10月以降、J-REIT銘柄の騰落率は、銘柄間格差が鮮明になっています。
 具体的には、信用リスクが素直に反映した相場であり、先月のJ-REITの記事(J-REITの記事(J-REITの銘柄信用度が明らかになる)で紹介した高信用度リート銘柄の10月10日以降のの騰落率は、軒並み回復の一途を辿っています。
高信用度上位リート騰落率
銘柄価格
(10月10日)
価格
(11月4日)
騰落率
日本ビルファンド投資法人(8951)689,000円982,000円+42%
ジャパンリアルエステート投資法人(8952)560,000円899,000円+56%
日本リテールファンド投資法人(8953)290,000円381,000円+31%
オリックス不動産投資法人(8954)330,000円475,000円+43%
日本プライムリアルティ投資法人(8955)155,100円197,800円+27%
東急リアル・エステート投資法人(8957)435,000円590,000円+35%
グローバルワン不動産投資法人(8958)619,000円845,000円+36%
野村不動産オフィスファンド投資法人(8959)450,000円611,000円+35%
森トラスト総合リート投資法人(8961)648,000円829,000円+27%
日本ロジスティックファンド投資法人(8967)520,000円636,000円+22%
阪急リート投資法人(8977)366,000円449,000円+22%

特に、日本ビルファンド投資法人、ジャパンリアルエステート投資法人の上位2社は他を卓越していますが、その他の上位リートもおしなべて20%超の騰落率を記録しました。
 ニューシティレジデンス投資法人(8965)の破たん時に信用リスクを客観的に判断できた人は相当の利益を獲得できたのではないでしょうか?
 上位リートの回復も些か急激となりましたので、次の段階といいますと・・
 一般的に、一番手が上昇した後は二番手が続くことになります。従って、リートに関しても上位リートの価格回復の後には中堅リート群も徐々に回復の途を辿ると読んでいます。
 但し、中堅リート銘柄には信用リスクが喧伝されている銘柄もありますので、回復は上位リートのように一律でなく、まだら模様となるので銘柄選択は重要となります。
 その中で、10月10日に比べてプラスの騰落率を残している銘柄は安心感があります。一方、10月10日以降に下落した中堅銘柄はギャンブルの要素を含み、もしかすると経営危機に陥る可能性は否定できません。しかし、格付け機関により格下げを受けた下位リートに比べると、相当安全度が高いことは疑いようがありません。ギャンブル銘柄の利回りの高さを評価するか否かは個別投資家の目利きが問われています。
 また、下位リートは当面、手出し無用でしょう。あえて、近寄るのはまさしく投機そのものです。
中堅リート投資候補
銘柄
安心銘柄ユナイテッドアーバン投資法人(8960)
フロンティア不動産投資法人(8964)
トップリート投資法人(8982)
ジャパンエクセレント投資法人(8987)
ギャンブル銘柄プレミア投資法人(8956)
ケネディクス不動産投資法人(8972)


よろしければ、クリック支援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/284-cbeeaaee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。