月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回個人向けマネックス債が前回同一条件で発売

 もはやマネックス証券の定番商品となった個人向けマネックス債ですが、2008年11月も第14回個人向けマネックス債(マネックスグループ2009年2月12日満期1.00%円建社債)として発行されるようだ。(詳細はマネックス証券のリリースご参照)
 第14回個人向けマネックス債も、これまで同様に年1.00%と個人向けマネックス債の標準利率での発行となっている。世界の株式市場全体の急落、および欧米企業を中心とした信用リスク取引相場の上昇にも関わらず、日本の短期金融市場の利率はほとんど影響を及ぼしていないため、今回の発行利率は妥当というより、前回よりもお得感がちょっと増えている感覚です。
 また、個人向けマネックス債の発行サイクルについても、第11回債(2008年5月発行)以降、隔月発行と安定して発行を続けており、継続購入投資家にとっても心理的に買いやすい状況下にあります。

 個人向けマネックス債発行額自体も前回第13回より10億円少ない、70億円となっていますので、第14回個人向けマネックス債は順調な売れ行きを予測しますが、果たして売り切れフラグは早々に立つのでしょうか?
 参考までに過去の個人向けマネックス債発行額は次のようになっていました。
個人向けマネックス債発行額推移
回号発行年月利率発行額
第1回2007年7月年1.00%155億円
第2回2007年7月年1.00%
第3回2007年8月年1.00%
第4回2007年9月年1.00%
第5回2007年10月年1.00%114億円
第6回2007年11月年1.00%
第7回2007年12月年1.00%
第8回2008年1月年1.04%85億円
第9回2008年2月年1.00%
第10回2008年3月年1.00%45億円
第11回2008年5月年1.00%60億円
第12回2008年7月年1.04%70億円
第13回2008年9月年1.00%80億円
第14回2008年11月年1.00%70億円

 個人向けマネックス債の発行サイクルは毎月から2ヶ月おきと間隔が長期化しましたが、1回の発行総額も大幅に増加させたことでトータルの資金調達額自体は変わらないようです。発行サイクル変更は、発行事務手続き面の理由かもしれませんね。


応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/276-55e14687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。