月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座を読んで

 「なぜか日本人が知らなかった新しい株の本」の著者でも知られる山口揚平氏による最新の投資本が発刊されましたので、早速読み通してみました。
デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座
(2008/10/09)
山口 揚平

商品詳細を見る

 企業価値の源泉を分析するデューデリジェンス分析を9つの領域に体系化し、各々の視点を実在する9企業に割り当てて分析しています。まさしく、銘柄リポートを読みながら、企業を総合的に分析する思考法を習得する趣向であり、いわゆる投資本の中では大変読みやすい本に仕上がっています。
 
個別企業へ株式投資を行なう場合には企業を良く理解しなさいといわれますが、どのように理解すればいいのか見当がつかない人も多いと存じます。当書は、企業の定性分析を中心に企業の営む事業がどのような外部経営環境の影響を受けているのかをとことん考察することの重要性を説いているようです。
 個別企業への投資を検討する人にとって、どのような企業に投資したいのか自分の投資スタイルを築く第一歩となる良いヒントを与えてくれるでしょう。

新発売!

同業者から「日本でトップクラスの企業価値評価をする」との呼び声高い
M&Aコンサルタント山口揚平が弾き出した企業価値評価サービス!

バリュエーションマトリクス2.0はこちらから





にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます
 著者の山口さんから大変拙い書評にわざわざコメント頂きまして、大変うれしく思います。

 新しい本はデューデリジェンスがどのような仕事かもよく伝えられていると思います。

 M&A目線の本ということで詳しく書かれていませんが、私見では企業で9つの視点の支柱となるのは経営陣の哲学と考えています。企業は経営者の思惑次第でどのような道も歩んでしまいます。

 企業を買収できる程の資力を持たない一般投資家にとっては、経営者の経営プロセッシング能力を評価することは非常に重要と考えています。

 今後とも、よろしくお願いいたします。
2008/10/15(水) 05:47 | URL | あまはらです #lawMbO2I[ 編集]
新しい本をお読みいただきありがとうございました。わかりやすいと言って頂くことが一番の励みになります。大変な相場ではありますが、10年続く企業へ投資をするきっかけになれば幸いです。
2008/10/14(火) 02:05 | URL | 山口揚平 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/271-62c04856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。