月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TMA長期投資ファンドがバークシャーハザウエイ株を買増し

 長期投資型直販投信ファンドの主要組入ファンドの1本である東京海上アセットマネジメントが運用する「TMA長期投資ファンド」(ファンドマネージャー:平山賢一氏)ですが、アメリカの信用収縮時には必ずと言って良いほど名前があがるウォーレンバフェット氏率いる投資会社バークシャーハザウエイ(BERKSHIRE HATHAWAY)株を2008年9月に買い増して、ファンド投資比率3.9%(2位)に急上昇してきました。
 バフェット氏は今回の信用収縮時にも、ゴールドマンサックス社への出資や、傘下の米大手銀ウェルズ・ファーゴによるワコビアの完全買収などで次々とニュースに出ています。
 バークシャハザウエイ株はクラスA株(Ticker:BRKA)とクラスB株(A株の1/30の持分、議決権は200分の1)という2種類の種類株式が発行されていますが、株式分割や配当を行なっていないA株は10万ドル以上の高値での取引となっています。

 TMA長期投資ファンドがバークシャ株を始めて購入したのは2008年4月中ですが、この時は投資単位の大きさからB株を購入したとあまはらは推定していたのですが、実はA株であり、驚きです。
 そして、2008年9月にもA株を買い増して、現時点で合計2株保有していることになります。
(当サイト記事:TMA長期投資ファンドにバークシャーハザウェイ組入れ!!もご参照)

 その中で注目したいのは・・・

バークシャハザウエイを9月のいつに購入したのか?

 です。以下チャートのように9月半ばのリーマンブラザーズ破綻前から、破綻後の相次ぐ出資の段階では株価は2万ドル以上も上昇しています。
バークシャーハザウェイA株(20081003)
 果たして、9月上旬の株価の低い段階か、9月下旬の株価上昇段階か、気になるところですが現在開示済資料(セゾン資産形成の達人ファンド、浪花おふくろファンド)ではわかりません。9月上旬の買いならば、購入単価引下げにより含み益になっているでしょう。
 他ファンド(ありがとうファンド、らくちんファンド)で果たしてコメントが記載されるでしょうか?


応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/266-08814939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。