月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHOEI(7839)

最近株価が上昇してきていますが、SHOEI(7839)は魅力大です。

1)事業構造
  高級ヘルメットメーカー。海外売上比率が過半を占め、現在は欧州、米国中心。国内市場では第2位。アライ(非上場)と市場を2分しており、寡占状態。
  ヘルメットには人命に関わるため、高度な安全基準が法的に設定されているため、国内外でヘルメット製造販売は数社しか存在せず、業界は寡占状態。
  ヘルメットは消耗品であるため、継続的な買換需要を享受できる。

  ポーターの競争戦略により、分類すると
  1)業界内競争リスク:中
  2)新規参入リスク :小
  3)買い手の交渉力 :小(今年6月に小売価格値上げ)
  4)売り手の交渉力 :中(樹脂などの仕入価格上昇)
  5)代替品発生リスク:小
2)財務構造
 2006年9月期から無借金となっているため、安全性大。
 株主が求める資本コストも事業構造上の安全性が高いことから7%程度を想定。
 一方、当面の配当性向を30%、40億円の現預金を積上げた後は50%にすると発表しており、会社は株主のものと言明している経営者が存在しているため、安心感大。
 運転資金構造は2004年9月期以降の3期でセルフファイナンス日数35日から48日に13日悪化(運転資金額で約4億2千万増加)に至っているが、運転資本必要額合計を超過する現預金(長期性預金を含む)を保有しているため、資金繰りについては全く問題なし。
 
3)事業収益率
 資本純利益率は27.0%と効率的である。
 投入資本ベースの利益率にしても14.3%確保しており、投入資本に対する収益効率性が高く、株主資本コストを2倍以上超過している。
 
4)株価
 直近の株価3500円は2007年9月期純利益15億円を前提とした場合、資本コスト-2.7%の状態(5年成長を仮定)である。
株主資本コストと同様まで評価されると考えると、3900円程度になる可能性もあるでしょう。

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 株ブログへ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/25-36f18fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。