月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期投資ファンドの組入れ状況比較(2008年7月)

 長期投資を目指すファンドオブファンズ投資信託の2008年7月の運用状況が各社から発表されました。特に新興ファンドを中心として、現金ポジションを減少させ、ファンド購入割合を増やしたファンドが多かったようだ。
長期投資型ファンドオブファンズのファンド組入れ状況
ファンド名
(運用会社)







ファンド組入比率(%)2008年7月末







T

















































































ありがとうファンド
ありがとう投信
69.32
億円
(+4.3)
6.5929.189.270.421.1127.9322.892.020.59
資産形成の達人ファンド
セゾン投信
22.80
億円
(+0.49)
6.431.44.88,210.814.623.8
浪花おふくろファンド
浪花おふくろ投信
1.35
億円
(+0.14)
24.0617.7221.4718,4618.29
かいたくファンド
かいたく投信
1.70
億円
(+0.21)
54.60.000.0017.727.1
らくちんファンド
楽知ん投信
2.53
億円
(+0.19)
楽天株式ファンド
楽天投信
1.53
億円
(+0.02)
59.720.010.89.4
(らくちんファンドの組入比率はホームページ上の運用報告書では非開示ですので、意思を尊重して当レポートでも非開示とし、凡その比率イメージのみを示します)

ありがとうファンドがALAMCOハリス グローバル バリュー株ファンドの組入れ開始

ありがとうファンドは2008年6月に組入れ対象に追加したALAMCOハリス グローバル バリュー株ファンド2007(適格機関投資家専用)ですが、2008年7月になって購入を始めています。これで、組入ファンドとして目論見書に記載がありながら未組入れとなっているのは、かいたくファンドの2ファンド(さわかみファンド、コムジェストヨーロッパファンドSA)とセゾン資産形成の達人ファンドのバンガード・ジャパン・エンハンスト・エクイティ・ファンドの3ファンドに減少しました。
 特にバンガード・ジャパン・エンハンスト・エクイティ・ファンドに関しては、月次レポート上にも全く言及がなく、またセゾン投信ホームページ上の投資対象ファンドと運用状況についての情報も未更新であり、極めて不誠実な状況が続いています。

新興投信会社ファンドのファンド組入比率は上昇基調

 さて、各社のファンド組入れ比率ですが、運用開始後、早急に組入れ比率を増加させた浪花おふくろファンドが2008年7月の組入れは落ち着いたものになる一方、現金保有割合が高かった、かいたくファンド、らくちんファンド、楽天株式ファンドはファンド組入れ比率が増加しました。但し、その増加態様には差が有り、かいたくファンドは最も慎重な組入れ方針を維持しているようです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/242-a0914943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。