月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年7月個人向けマネックス債は年1.04%で発行

 マネックス証券から「マネックスグループ株式会社2008年10月24日満期1.04%円建社債」が、2008年7月に第12回債として発行され、2008年7月24日(木)まで申込みを受け付けています。(詳細はマネックス証券リリースご参照)
 今回は年1.04%と2008年1年に発売された第8回債と並んで、過去最高水準の利率の発行となりました。
 また「マネックスから夏の涼プレゼント」と題したキャンペーンも付いています。但し、当選商品が購入金額ごとに3段階に分けられており、1000万円以上、300万円以上1000万円未満、10万円以上300万円未満となっています。抽選運のよくないあまはらでも、今年2008年にマネックス証券の別キャンペーンで当選したことがありますので、特定商品を対象としたキャンペーンは通常の開放型キャンペーンよりはかなり当選確率も高いでしょう。しかし、当てにするほどの当選確率ではないですので、当選したらラッキーですね。

 さて、この個人向けマネックス債ですが、2007年7月の第1回債の発売から、2008年6月でちょうど満1年(12ヶ月)を迎えていますが、毎月発行された訳でなく、過去に発行されなかった月があります。
  1. 1回目:2008年4月度
  2. 2008年4月は租税特別措置法改正にからみ、税務上の各種取扱いが変更されたためとのことでした。(当サイトエントリ:租税特別措置法の影響が個人向けマネックス債に及ぶもご参照)当時は今から見ても異常事態であったため、止むを得ないといってもいいでしょう。
  3. 2回目:2008年6月度
  4. さて、実は先月2008年6月度も未発行でありました。未発行に至った詳細な事情をうかがい知る事はできませんが、個人的にはマネックス債を発行すること事態が取り止めになったのかと危惧していたのです。
 実は、あまはらは現在では個人向けマネックス債を購入していませんが、第3回マネックス債から第9回マネックス債まで毎回購入していました。(第1回債と第2回債は早々にキャンセル待ちとなり購入できませんでした) その購入方法はFX取引でいうところのロールオーバー取引であり、ちょうど満期による償還金を今月発行のマネックス債の購入に当てていました。(実際には発行日が若干ずれていますので、つなぎ資金として預け金も利用しています。)
 2008年6月の発行が途絶えたことで、2008年3月購入第10回マネックス債償還金の行き場を失った投資家もいたであろうと推測できます。過去1年間に渡り、個人向けマネックス債の発行を継続してきたことはマネックス債投資家とマネックス証券の間に一定の信用関係が築かれているのです。
 築かれた信用関係が変更された背景に相当の理由が存在しているのでしょう。そうであるならば、理由の開示も信頼関係の再構築に必要とあまはらは考えます。
 市況や営業施策により、「発行の是非を都度判断する方針」では、投資家と継続的なお付き合いを期待していないメッセージと受け取らざるを得ません。発行利率が高ければ(年1.2%?)、持つ印象も変わったりするのですが・・



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/232-4b621d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。