月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資商品購入に対する心構え(2)

 前回は投資商品購入に際し、流動性の次に重視したいのは
前回も言及したように「継続保有できる商品」であることである。
 これは商品が値下がりした場合に、「その人にとって」安心して追加購入できる商品である場合は、追加購入をためらわないからである。
 追加購入により、短期の相場変動の影響を回避し、長期的な市場成長を享受できるのである。

 私の行動に照らし合わせると、投資信託(さわかみファンド、ありがとうファンド)については長期保有を遂行できているが、個別株式に関しては自社株以外は長期保有を心がけていても値下がり時に売却してしまう行動が出ている。
 また、株主優待目的でも株式を保有しているが、値下がり時に追加購入できていない点が難点である。
 やはり、この点一定株式以上保有すると無駄(投資効率が低下する)であるとの認識が働いているのかもしれません。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/22-c5a1de88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。