月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわかみファンドの売買行動が一服

 2008年6月上期のさわかみファンドの株式投資比率は97.98%と依然として高水準を保っているようだ。株式投資比率と日本株式市場の動きを代表する指数であるTOPIX騰落状況の比較では、TOPIXの下落と株式投資比率の下落が対になり、一見すると逆相関関係が薄れる兆しとも見れますが、判断にはもう少し長期間で大勢を捉える必要があるでしょう。
さわかみファンド株式投資比率推移20080613

 さて、さわかみファンドの6月上期の個別銘柄売買動向は、当期間の追加買付銘柄は25銘柄、一部売却銘柄18銘柄、全部売却銘柄なしとさわかみファンドとしては、今年一番の落ち着きを見せています。しかしながら、保有株数の9割程度の売却と全部売却直前まで至った銘柄(ピーエス三菱)なども存在し、引き続きポートフォリオの入替えも視野に入っていると見てよいでしょう。
 今回の記事は、銘柄が「比較的」少ないことから、買付銘柄一覧を作成してみました。

今回はシャープ、花王、JR東日本、武田薬品工業などを買い増し

さわかみファンド2008年6月上期追加買付銘柄
順位銘柄今回買付残高
(億円)
今年度買付残高
(億円)
7シャープ(6753)2.9110.2
14花王(4452)0.8515.9
22ウシオ電機(6925)0.551.4
27東日本旅客鉄道(9020)1.589.8
30ローム(6963)1.631.9
37武田薬品工業(4502)2.847.3
47商船三井(9104)2.087.8
67サンドラッグ(9989)1.083.6
73キッコーマン(2801)0.483.5
83日本特種陶業(5334)0.251.2
107三菱レイヨン(3404)0.162.0
104カネカ(4118)0.160.16
114太平洋セメント(5233)0.501.6
116アスクル(2678)0.751.3
118ツムラ(4540)0.712.6
155サトー(6287)0.621.2
161明治乳業(2261)1.081.9
171DIC(4631)0.475.6
177京浜急行電鉄(9006)0.282.5
194トクヤマ(4043)0.582.2
247生化学工業(4548)0.080.8
248ティラド(7236)0.272.3
256ハイビック(7845)0.010.25
270日本ERI(2419)0.070.13
273エイジス(4659)0.030.28

 今回追加買付を行った銘柄の中では、シャープ(6753)、花王(4452)、東日本旅客鉄道(9020)、武田薬品工業(4502)などはさわかみファンドが積極的に買い増しを行なっている銘柄に分類され、今年に入ってから10億円規模の買付を行っています。その他、6月上期だけで1億円規模の買付は7~8銘柄も存在しています。この半年間でポートフォリオの投資比率も相当変化してきており、「ずっとマイペースで長期のポートフォリオの構築を進めてきており、いつ追い風になっても構わないぞ」とのさわかみ投信の澤上篤人氏の言葉の実現が待ち遠しいですね。いつになるかはわかりませんが・・・

 最後に、表下位青色の2銘柄(エイジス、日本ERI)は、まだら模様の投資生活サイト管理人の投資銘柄でもあります。大型株から中小型株まで全般的に投資する「さわかみファンド」における中小型株の投資比率の低さは、日本市場における中小型株の立ち位置(影響)を示しているといえます。
 しかしながら、一個人投資家として日本の大企業の事業をより詳細に検討し、個別投資できるレベルまでは至っておりません。このことが、現時点でまだら模様の投資生活ポートフォリオのコア部分に安定した日本大型株を組入れる投資信託を是非とも必要としている理由であり、さわかみファンド(あるいは、長期投資ファンド、アクシアなど)に役割を担って頂いているのです。


ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/219-b149e265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。