月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資商品購入に対する心構え(1)

 今週は世界全般に長期金利が上昇したことを理由付けられ、日米の株式市場ならびに日本のREIT市場は下落傾向を強めています。
 さて、投資生活の営みではこのような下落相場にしばしば直面します。その際にどのような態度をとるべきでしょうか?
 
 一般生活においても、生活必需品(特に日用品など備蓄可能なもの)
が値下がりした場合(特に広告特価品となっている場合)は購入に走るのが通常であるため、
 基本的には、投資商品も備蓄可能という点に着目すると同じであるため、追加購入するのが本質的に正しい行動だと考えます。

 但し、投資商品は生活必需品でないため、「追加購入する」以外にも「手放す(売却する)」という選択肢があり、判断する余裕があります。
 そこで、投資商品を購入する場合に重視する条件として
「確実に手放すことができるか」すなわち流動性をまず挙げたいと思います。

 例として、今週木曜日、金曜日にグッドウィル(4723)を売却できずに困った人がいるはずです。
 上場株式は流通市場(証券取引所)を整備することで流動性を高度に高めることにより、株式価値を保持することができていますが、売却できないという売却リスクに直面した場合にはその流動性に基づく価値も同時に剥げ落ちます。上場廃止となった場合にはさらに顕在化するでしょう。

 その点、同じ株式に投資する商品であっても「投資信託」の場合は確実に売却注文が約定する利点があります。流動性に関しては資金化に日数を要する欠点はありますが、個別株式保有に比して一日の長があるでしょう。
 さらに上場投資信託(ETF)に関しては取引所取引で売却可能であるため、売却リスクに直面する可能性はより低くなります。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/21-3f8384d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。