月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TMA長期投資ファンドにバークシャーハザウェイ組入れ!!

 直販投信会社のファンドオブファンズ投資信託に多数組入れられている東京海上アセットマネジメントが運用する標題「TMA長期投資ファンド」ですが、2008年4月にはウォーレン・バフェット(Warren E. Buffett)氏率いるバークシャーハザウェイ(BERKSHIRE HATHAWAY)株を組入れたことが報告されています。
 バークシャー・ハサウェイ株といえば知る人ぞ知る高株価の株式として知られており、クラスA株はなんと1株128,800ドル(日本円にして約1,350万円)もするのです。(持ち分が30分の1、議決権が200分の1であるB株は1株4,290ドル)です。この高株価は配当、株式分割を一切行なわずに再投資を行った結果、持たされた果実なのです。
 TMA長期投資ファンドがどの程度購入したかは現段階で不明ですが、ファンドの現資産規模ではA株は多くて数株保有するのが精一杯の水準でしょう。無論、クラスB株を組み入れていると思われます。
バークシャーハザウェイA株

 このバークシャーハサウェイ株ですが、TMA長期投資ファンドが投資対象とする「エネルギー」、「食」、「わくわく生活」のカテゴリーには単純に当てはまりません。TMA長期投資ファンドのファンドマネージャー平山氏は投資会社バークシャーハサウエイの運用力を評価したのでしょうか?あえて、運用レポートで金融セクターに区分されますがと注記した上での購入ですので、真の意図がありそうですね。
 さて、TMA長期投資ファンドの投資銘柄数は前月比+5銘柄の61銘柄となり、株式投資比率も97%台と運用開始後4ヶ月を経て、ほぼフルインベストメント状態になってきました。
 TMA長期投資ファンドの投資対象銘柄も安定してきたようです。
TMA長期投資ファンド投資上位10銘柄
2008年4月投資比率2008年3月投資比率
1ジョンソンアンドジョンソン3.9%ジョンソンアンドジョンソン3.7%
2トヨタ自動車3.9%トヨタ自動車3.6%
3ネスレ3.0%花王3.4%
4花王3.0%テルモ3.0%
5ダノン2.9%ネスレ3.0%
6キーエンス2.8%キーエンス2.8%
7ロッシェ2.7%セコム2.7%
8テルモ2.7%ダノン2.7%
9商船三井2.5%ロッシェ2.7%
10小松製作所2.5%小松製作所2.5%

 上位10銘柄への投資集中度は約3割とかなり高い割合を保持しています。上位銘柄も固定化しており、TMA長期投資ファンドが提案する安心度の高い投資ユニバースが見えてきていますね。
 但し、これからも直販投信ファンドを中心に資産残高拡大が続くのかが一番の心配の種かもしれません。となれば、ファミリーファンド方式を活用した公募ファンドの新規設定も期待したい所ですね。


ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
チェック早すぎです。
早速、チェックされましたか。
あまはらも、ほぼ同時に気づきました。B株でなく、A株であったのが驚きでありましたが、投資単価が高いだけにTMA長期投資ファンドの投資行動が良く観察できますね。
 仕事が忙しくて、更新が滞りがちですが、これは何とか伝えねば・・
2008/10/04(土) 08:59 | URL | あまはらです #wUjnplDI[ 編集]
9月末時点で バークシャーハザウェイの組入比率が 3.9%と
大幅にアップし 第2位になりましたね

・・・以下 引用・・・

業界トップのゴールドマン・サックスは、
ウォーレン・バフェット氏が経営するバークシャーハザウェイ社に
円貨で5000億円を超える増資を引き受けて貰うことになったが、
これは、クーポンが10%で、これとは別に現在の株価よりも安い115ドルで
向こう5年間に50億ドルの株式を買う権利をバフェット氏側が持つという条件だ。

・・・引用 終わり・・・

なんか すごいですね
2008/10/04(土) 07:57 | URL | トラとタビ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/199-e70e6f59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。