月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪花おふくろファンド、5月にハリスグローバルバリュー株ファンド2007組入!

 新興直販投信会社の1社である浪花おふくろ投信が今月から運用を開始した浪花おふくろファンドですが、第1号の月次レポートが浪花おふくろ投信ホームページに掲載されています。
 運用開始初月末のファンド組入れ状況は以下の通り、均等配分と誠にオーソドックスで簡明な運用状況となっていました。それにしてもファンド資産残高に比すると、十分すぎる体裁の月次レポートに見えてしまいます。

浪花おふくろファンド2008年4月末投資状況
組入れファンド2008年4月末投資比率
さわかみファンド14.7%
TMA長期投資ファンド(適格機関投資家限定)14.2%
ニッポン・コムジェスト・エマージングファンドSA(適格機関投資家限定)14.0%
現金57.1%

 現金運用部分が50%超とおふくろファンド運用側も消極的と記載していますが、それも早速新規ファンドの組入れを行うための前段階、いわゆる準備とのことです。
 そのファンドとは何かというと・・・

朝日Nvestグローバルバリュー株オープンのベビーファンドを新規組入れ

 一番の驚きは朝日Nvestグローバルバリュー株オープン(AvestE)と同じマザーファンドを投資対象とするベビーファンド「ALAMCOハリスグローバルバリュー株ファンド2007(適格機関投資家専用)」の新規組入ニュースです。
ハリス グローバル バリュー株ファンド2007(適格機関投資家専用)概要
項目概要
ファンド名称ALAMCO ハリス グローバル バリュー株ファンド2007(適格機関投資家専用)
信託報酬年1.365%
信託財産留保金解約請求受付日の翌日の基準価額の0.3%
投資対象ALAMCOハリスグローバルバリュー株マザーファンド受益証券
組入れ開始日平成20年5月19日予定

 ハリスグローバルバリュ株オープンの信託報酬率は同じマザーファンドを組入れ対象とするAvestEの年1.89%よりも0.5%も安価な低信託報酬版といえますが、それでも少々手数料が高めのファンドに仕上がっています。
 AvestEとマザーファンドが同じであることから、しっかりとした運用ポリシーを持ったファンドであることは間違いありません。直近では、金融株組入れ比率が大きかったことによるダメージを受けていますが、一貫した投資哲学に納得できるヒトには安心感をもたらせてくれます。
 浪花おふくろファンドが運用開始直後のタイミングでハリスグローバルバリュー株ファンド2007を組入れるのは立派な決断といえるでしょう。

なぜ、ありがとうファンドにハリスグローバルバリュー株ファンドが組入れられないのか

 さて、ハリスグローバルバリュ株オープンはファンド正式名称に2007を冠しているように既に昨年2007年7月から運用をはじめていたそうです。
 直販投信ファンドの中に、朝日Nvestグローバルバリュー株オープンを組入れ対象としているファンドが1本あります、そうです。ありがとうファンドです。
 なぜ、ありがとうファンドにハリスグローバルバリュ株オープンが今まで組入れされていないのか、疑問に残ります。(すぐに組入れ発表されたりして・・)
 あくまでも一つの憶測を挙げます、ありがとうファンドは実は、昨年2007年1年間を通して朝日Nvestグローバルバリュー株オープンをほとんど購入していません。
 このことはありがとうファンドにとっては、運用の安定性云々よりもハリス社の運用ファンドによる国際分散投資意欲が薄れていたと示唆されます。その結果が、2008年初頭のTMA長期投資ファンド、コムジェストヨーロッパ、コムジェストエマージングファンドの積極組入れになっているのかも知れませんね。


ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/194-bea92547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。