月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セゾン投信2007年5月末運用レポート分析

 セゾン投信から2007年5月末月次運用レポートが発行されていた。セゾン投信ホームページ参照 今月の運用レポートから会社ロゴが付されており、前月迄の味気ない体裁から会社組織として発行する報告書として順次体裁が整ってきており、この点からも体制整備が徐々に行われていることを伺わせ、手作り感満載でほほえましくもある。なお、独立系投信会社の先輩格であるさわかみ投信ありがとう投信が作成する月次運用報告書の体裁も徐々に豪華になっており、この点からも直販投信会社の業務運営は似通っている。

 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについては、以下の通り投資割合が報告されているが、依然として現金運用部分が6.2%存在し、かつ前月2007年4月末時点より増加していた。私は前月段階で一定の現金残高を確保できているので、現金運用は順次減少していくといると予想させていただいていたが、見事にはずしてしまいました。しかし、長期的には現金運用部分が徐々に縮小していくと見解は変えておりません。結果、2007年5月末時点の現金運用残高は約1.6億円と前月比7千万円増となっている。

20070531saisonGBF.jpg
 現金運用部分を除いた実質運用割合で投資比率を比較すると外国株式および外国債券が最近の円安および株式値上がり傾向を受けて依然として目標比率からは上方乖離しており、逆に日本株式、日本債券が下方乖離している傾向は前月から変化がなく継続している。月次運用レポートにも現状の投資方針を継続すると明記されているため、今後も安定したポートフォリオ運用が期待できそうだ。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/19-1adef24c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。