月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう投信の低コスト運営

以前のエントリーありがとう投信の収益構造で私自身がいま一つ状況がつかめていなかったため、あえて言及を避けた箇所がある。
 それは、「販売費および一般管理費」の項目であり、
特に「給与」が2005年3月期 2,261万円に対し、
       2006年3月期 1,649万円に激減しているのだ。数値の詳細はedinetに記載されているので参照されたい。

 ありがとう投信が運用するありがとうファンドは2004年9月の設定以来、着実に資産残高を増加させているおり、問合せ・ファンド管理などの事務作業を支えるバックオフィスの削減は想定しにくく、不可思議であった。
 そこで、ありがとう投信が主催するありがとう会で聞き及んだところによると実際に立上げ時よりも人員を縮小させており、立ち上げ当時8人から5人に減員しているとのことであった。
 このことに徹底した低コスト運営の投信スピリッツが感じ取れ、保有継続に一層の安心感がもてるファンドである。

ありがとう投信


ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/18-f2c3700e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。