月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだら模様の投資生活ポートフォリオ2008年3月末振返り

 さて、2008年3月も終わりましたが、まだら模様の投資生活サイトの資産運用ポートフォリオの資産別投資比率ははかなりアクティブな変更が発生しています。
まだら模様の投資生活ポートフォリオ200803
  1. J-REITへの投資再開により、投資比率4.6%まで買い増しました
  2. 個別日本株式への投資が大幅に拡大しました
  3. ポートフォリオ記載における信用取引借入金の日本株式クラスへの振当て処理をやめました
 まず、1番目のJ-REITへの投資は既に住居系REITは割安か?のエントリーで2銘柄の購入を報告していましたが、報告直後に大幅に値上がりしたため更に銘柄を入替えて、現在3銘柄を保有しています。J-REITへの投資に関しては別記事とする予定ですので、その機会に回すことにします。
 その他2番目、および3番目の説明(言い訳?)をさらに続けます。
 さて、2番目のポートフォリオにおける日本株式投資比率の上昇(前月比+7%)は、個別銘柄の中に2008年3月に予想以上に大幅な値下がりの発生により、信用買い指値注文の約定が連発したことと、3番目のポートフォリオ記載方法変更によるものです。
 この個別銘柄とはGooで有名なプロトコーポレーション(4298)のことでして、3月に一時的に1,900円台まで急落した過程で買い増したものです。残念ながら、1,900円台の約定は叶いませんでした。
 最後にポートフォリオ記載方法の変更ですが、2008年2月まで信用取引借入金を日本株式クラスに全額振当てていました。それは、信用取引注文を主に個別株式銘柄の下値指値買いに利用していたためです。よって、ポートフォリオ上の日本株式として表示する割合よりも3~4%程度多くの株式を実質的に保有しています。
 さらに2008年3月からJ-REITに関しても一部信用取引による取組を始めています。これを言い換えると借入金で収益不動産を購入していることになります。当然ながら長期的には自己資本化する(現引)予定なのですが、短期的には差益を確保できる範囲で信用で保有継続することも考えています。
 そのような事情から日本株式クラスに借入金全額を振当てる方式をやめて、資金調達と資金運用を独立して考えることにしました。現時点では自己資本比率90%以上あります。
 その結果、ポートフォリオ上の他の資産クラス(直販投信ファンド、アクティブバリューオープン、自社株、外国株式、日本債券、外国債券、現金)の投資比率も下がっていますが、必ずしも値下りによる低下ではなく、外国債券クラスなどは実質的に投資比率が増加しているクラスもあります。
 そこで、基準変更時の慣わしとして旧基準におけるポートフォリオも記載しておきます。
まだら模様の投資生活ポートフォリオ(変更前)200803
 
 資産の8割をインデックス運用へ、残りの2割を個別株式投資ということで始めましたが、自社株を含めると3割に達しています。しかし、株式クラスへの投資比率は値下がりのためかそれほど増加していませんので、増加傾向が現れるまでは現在の投資方針を継続するつもりです。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/175-00fb25a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2013/07/25(木) 21:08:12 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。