月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セゾンバンガードGBFにパシフィックインデックスファンド追加判明

 セゾンバンガードグローバルバランスファンドに3月中旬から新規ファンドが追加されると昨日のエントリー(セゾンバンガードグローバルバランスファンドに新規ファンド追加へ)で紹介したばかりですが、セゾン投信から紙媒体で投資信託説明書(目論見書)2008年3月が送付されてきました。
 その中に既に新規ファンドとして、バンガード・パシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンドが追加されることが明記されていました。個人的に最有力とした候補ファンドが順当に選択されて何よりです。
 さて、セゾン・バンガード・グローバル・バランス・ファンドへの投資対象ファンドを以下にまとめてみました。
セゾンバンガードグローバルバランスファンドの投資対象ファンド参考配分比率
資産
クラス
投資対象ファンド名2007年2月
比率
2008年1月
比率
株式U.S.500・ストック・インデックス・ファンド約24%約22%
ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド約16%約15%
ジャパン・ストック・インデックス・ファンド約6%約5%
パシフィック・エックスジャパン・インデックス・ファンド約2%
エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド約4%約6%
債券US・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド約20%約19%
ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド約21%約21%
ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド約9%約10%

 パシフィックエックスジャパンインデックスファンドへの配分比率は全体の2%(株式クラスの4%)程度と極端なポジション調整は発生しないようです。このパシフィックエックスジャパンインデックスファンドの投資比率1位の銘柄は世界3大鉄鉱石会社のBHPビリトン社(BHP BILLITON LIMITED)であり、パシフィックエックスジャパンインデックスファンドの9.31%を占めています。
 従って、セゾングローバルバランスファンドとして0.186%をBHPビリトン社に投資することになるでしょう。
 さて、パシフィックエックスジャパンインデックスファンドの投資家コストとして財産維持手数料はどのように設定されているでしょうか?
セゾンバンガードグローバルバランスファンドのファンド財産維持手数料率
資産
クラス
投資対象ファンド名財産維持手数料率
購入時解約時
株式U.S.500・ストック・インデックス・ファンドなしなし
ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド0.20%なし
ジャパン・ストック・インデックス・ファンドなしなし
パシフィック・エックスジャパン・インデックス・ファンド0.10%なし
エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド0.40%0.40%
債券US・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンドなしなし
ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド0.10%なし
ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド0.1%なし

バンガードパシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンドには残念ながら購入時に財産維持手数料率が0.1%かかるようです。100億円の純資産残高の2%を組入れた場合、財産維持手数料の規模は20万円程度となります。参考投資比率の変更に伴い、財産維持手数料が徴収されるファンドの買増しが発生するかもしれませんが、最も手数料率が高いエマージングマーケットストックインデックスファンドは既に6%程度保有しているため、既に今回示されたポートフォリオへの移行手数料は支出済と考えることができます。
 今回のパシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンドの追加はセゾンバンガードグローバルバランスファンドの世界丸ごと投資という概念をより適切に行なうためでしょう。投資比率の見直しといい、現状に甘んじることなく改良を続けるセゾンバンガードグローバルバランスファンドに今後も淡々と期待しましょう。また、何か改良してくれそうですね。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
九州FPさん、コメントありがとうございます。

 投資信託運営に関して、徐々にそして地道に「気づき」から改善につなげる能力がセゾン投信にあることが確認できていますので、ホッとしています。
 今後はどうなるのか読めませんが、年単位のスパンでゆっくりと勧めてほしいですね。
2008/03/09(日) 20:21 | URL | あまはら #-[ 編集]
セゾンバンガード
はじめまして。
世界経済規模の成長性を
長期投資のスタンスで
考えながらのセゾンバンガード
ですが今回すこし
豪州など太平洋地域の
銘柄のすこし組み入れたみたいですね。
今後の展開には注目したいですね。
2008/03/09(日) 00:45 | URL | 九州FP #9PtHENp.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/163-a35106e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。