月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわかみファンド既存投資家の購入意欲は変わっていないのか?

 さて、さわかみファンドにおける新規買付資金の供給元である投資家の購入意欲が回復しているのかどうか、前回は契約口座数の推移で測定を試みました。
 今回は既存投資家も含んだ受益権口数増加傾向も合わせて検討することで投資意欲が維持されているかなど考察してみました。
 日別受益権口数増加(さわかみ、セゾンバンガード)

【図1】さわかみファンド、セゾンバンガードグローバルバランスファンド日別受益権口数増加推移(2007年12月~2008年2月)

 さわかみファンドの他にセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの受益権口数の推移も対照データとして載せましたが、以下のようなことが観察できます。
  • 定期買付の影響は絶大であり、当月買付資金の多数を占めている
  • さわかみファンドで約20億円規模、セゾンバンガードグローバルバランスファンドで約5億円規模の口座振替による定期買付が新鮮な資金の主たる出所といえます。
  • セゾンバンガードグローバルバランスファンドの方が新規資金割合が高い
  • セゾンバンガードグローバルバランスファンドは純資産残高100億円規模のファンドであるのに対し、さわかみファンドは2000億円超のファンドですが、新規資金の割合は圧倒的にセゾンバンガードグローバルバランスファンドが高くなっている。ファンドの成熟度合が素直に反映しているともいえますし、セゾンバンガードグローバルバランスファンドの投資家がより積立投資に積極的ともいえます。

 それでは、定期買付以外の通常買付の状況をより細かく見ると・・・
日別受益権口数増加(さわかみ、セゾンバンガード)(拡大)

【図2】さわかみファンド、セゾンバンガードグローバルバランスファンド日別受益権口数増加推移拡大版

 定期買付日以外の動向を見ると、さわかみファンドとセゾンバンガードグローバルバランスファンドでは少々異なった投資挙動となっています。
  • さわかみファンドでは解約による受益権口数が減少した日が3ヶ月間で10日前後発生している、セゾンバンガードグローバルバランスファンドではほとんど生じていない
  • さわかみファンドの受益権口数の増加は特定日で1億5000万口(金額換算で2億円強)に止まり、資産残高規模に比較すると相当少ない。
  • セゾンバンガードグローバルバランスファンドの受益権口数増加は安定的に5000万口(金額換算で5000万円弱)と資産規模に比してかなり高い。

 さらに直販投信会社が運用するありがとうファンド、セゾン資産形成の達人ファンドの受益権口数増加を比較すると・・
日別受益権口数増加(ありがとう、資産形成の達人)

【図3】ありがとうファンド、セゾン資産形成の達人ファンド日別受益権口数増加推移

 ありがとうファンドが1月初旬に大量解約に見舞われた以外は定期買付、およびスポット買付ともにほぼ似通っていました。ファンドオブファンズ型投資信託の人気度は現在のところ、まだいま一つのようです。
 私としては、安定運用を確実に達成する観点からかなり優れた仕組みと思うのですが、これからのファンドのようです。次に続く独立型投信会社のファンドもファンドオブファンズ型になると思われますので、芽を育てるためにももっと盛り上がってもらいたいところです。
<関連記事>
⇒さわかみファンド新規契約数は回復基調
⇒さわかみファンドの銘柄入替に沈静化の兆しは見られるか?


ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
FC2ブログランキング

人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/159-643061be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。