月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティブファンドは市場平均に勝てる?(日経新聞版)を読んで

 日本経済新聞の日曜版に記載されるサンデーニッケイ・アルファの資産運用欄には、時価総額上位ファンドの運用成績(基準価格(なぜか基準価額の表記でない)、騰落率(6ヶ月、1年、3年)、および純資産残高)が記載されている。現時点では概ね純資産残高1,500億円のファンドが掲載対象となっています。
 さて、2008年3月2日の資産運用欄には積極運用型投信(アクティブファンド)が市場平均に勝てるか?と題して、2000年3月のITバブル崩壊以後の運用成績をトレースした記事が記載されたので、興味を持って読んでみました。
  • 2008年1月末現在で純資産残高が200億円以上あり、2000年2月以前から運用されているのはわずか16本。純資産残高を増やしながら長期運用されている投信がそもそも少ない。
  • 08年1月まで8年間の総合成績を東証株価指数(TOPIX)と比べると、上回ったのはわずか5本だけ
(日本経済新聞2008年3月2日17面より)

 長期運用に適した投資信託がそもそも少なく、少ないアクティブファンドの中でもインデックスに負ける割合が多いという常識が語られていましたが、その他にも面白い情報が満載です。
 まだら模様の投資生活サイトが追跡している「さわかみファンド」、「アクティブバリューオープン」はTOPIXを上回る5本のファンドにともに含まれており(アクティブバリューファンド1位、さわかみファンド2位)、さらに5本中4本までがバリュー型投資ファンドが占めていました。
 価格追随型ファンドよりも価値評価型ファンドの方が長期的には良好な成績を残しているようですが、成績の差は価格の不安定性に依拠するか否かが本源のように見えます。
 さらに株価上昇期、下降期に分けてみると・・
株価上昇期には市場平均(TOPIX)をアウトパフォームする投信が多くなり、株価下降期には市場平均(TOPIX)をアンダーパフォームする投信が多くなるという感覚的にも整合する結果です。サブプライム問題発生後のさわかみファンド成績はほぼ市場平均と拮抗していますが、まだましな方であり、超過するファンドは調査対象の16本中2本のみだったようです。アクティブバリューオープン(アクシア)は既に何回も当エントリーで報告している通りアンダーパフォームが継続しています。(まだら模様の投資生活:アクティブバリューオープン関連記事参照)
 さて、2007年8月末から2008年2月末の6ヶ月間に月を1ヶ月ずらしたところ、騰落率でTOPIX(998405)を超過するファンドはフィデリティ・日本成長株・ファンド(32311984)1ファンドのみで、その他ファンド、さわかみファンド(71311998)アクシア(10311962)、フィデリティ・ジャパン・オープン(3231195C)はいずれもアンダーパフォームしました。下落相場では超過評価銘柄の割合が少ない市場平均(TOPIX)の成績が良くなる傾向のは事実のようです。
アクティブファンド比較

 件の記事の結びとして、「相場が上昇するとみるならインデックスファンドよりアクティブファンドを選ぶ意味はある」(日本経済新聞3月2日17面)と単にタイミング投資を勧めるような結論になっています。
 しかしながら、リスクとコストがインデックスファンドより大きいアクティブファンドをあえて選択することに、相場の上下に左右されない投資家自身の投資への志が必要でしょう。
 本来、資本主義社会において社会発展に貢献しない企業には資本を供給すべきではありませんが、インデックスファンドで株式投資を行うと必然的に供給することになり、結果的に社会全体の厚生損失を招いているのです。
 私は社会に生きる人として、市場の全てに投資するインデックスファンドへの投資は自らの資産を守れる範囲にとどめるべきと考えています。確かにアクティブファンドを選択すると超過コストを負担する可能性が高くなりますが、社会のためにとの観点から受容しています。
 大企業を投資先とし、お気に入りの投資哲学を持ち、かつ比較的低コストのアクティブファンドをインデックスファンドの代わりとして広く活用しているのもその所以なのです。


ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
FC2ブログランキング

人気ブログランキング小(青)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/158-1d23263e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。