月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンガード米国オポチュニティファンド2008年1月号

 バンガード米国オポチュニティファンド(Vanguard U.S. Opportunities Fund)は米バンガード社が運用する株式アクティブファンドであり、セゾン投信が運用するセゾン資産形成の達人ファンドの組入れ対象ファンドに含んでいます。
 2月第3週に入ってから2008年1月度の投資状況がバンガード社からFact Sheetsとして公表されましたので、内容をお伝えすることにします。
 まず、ファンドの運用成績として騰落率を見ますと2008年1月は何とかベンチマークとしているRussel3000(米国企業の時価総額上位3000社で構成されるインデックス(米国市場の時価総額合計の約98%をカバー)と均衡する結果に収斂していました。しかし、ベンチマークからのアンダーパフォームは3ヶ月連続する結果となっています。
バンガード米国オポチュニティファンド直近の月次騰落率推移(ドルベース)
年月米国オポチュニティファンド騰落率Russell3000騰落率
2008年 1月-6.12%-6.06%
2007年12月-1.62%-0.61%
2007年11月-5.93%-4.50%
2007年10月+2.57%+1.83%
2007年 9月+3.79%+3.65%
2007年 8月+2.94%+1.44%
2007年 7月-1.05%-3.41%

 私には2008年1月の約-6%の投資成績は株式市場の混乱状況から受けるイメージよりも若干小さな数値と思えましたが、日本の投資家が通常意識する円ベースに変換すると6円以上も円高が進行したため(2007年12月末112円台→2008年1月末106円台)、10%以上のマイナスとなっており、-10%が心理的な相場感覚に近そうですね。
 さて、個別銘柄の投資状況についても、見ておくことにします。

投資先上位10社の当月入替りは2社!

Vanguard U.S. Opportunities Fund投資対象企業上位10社(2008年1月末)
 2008年1月末投資割合1月騰落率2007年12月末投資割合
1Eli Lilly & Co.3.8%-4.6%Eli Lilly & Co.4.2%
2Conceptus, Inc.3.6%-15.4%Conceptus, Inc.3.2%
3Brocade Communications Systems2.9%-6.1%NVIDIA Corp2.8%
4Medtronic, Inc.2.8%-7.3%Medtronic, Inc.2.7%
5ASML Holding (NY)2.5%-15.0%ASML Holding (NY)2.6%
6NVIDIA Corp2.3%-27.7%Brocade Communications Systems2.5%
7Monsanto Co.2.3%0.1%Monsanto Co.2.0%
8SouthWest Airlines Co.2.1%-3.9%Rambus Inc.2.0%
9Rambus Inc.2.0%-7.1%McDermott International, Inc.2.0%
10Biogen Idec Inc.1.9%7.1%Stratasys, Inc.1.9%

 先月のバンガード米国オポチュニティファンド投資状況の紹介エントリー(バンガード米国オポチュニティファンド2007年12月投資状況ご参照)で想定したとおり、Biogen Idec社は投資比率10位に復活していましたが、投資比率の値からは単純に価格変動の影響のみであり売買は行われていないようです。

上位10社のうち、2社を追加購入

さて、投資比率上位10社の売買状況ですが、投資比率2位のコンセプタス社(Conceptus, Inc.)の追加投資(約70~80万ドル)と1月末で投資比率3位に上昇したブロケードコミュニケーションシステム社(Brocade Communications Systems)の追加購入(約50万ドル)を実施している。両投資銘柄とも2007年12月末時点の投資残高をほぼ埋め合わせる追加購入規模である。多数の銘柄の1月騰落率はマイナスとなっているため、特にブロケードコミュニケーションシステム社は大きく投資順位を上昇させている。

格安航空会社SouthWest Airlines Co.が新規ランクイン

さらに、今月トップ10に現れたのはアメリカの格安航空会社として有名なサウスウエスト航空です。ただし、新規投資先というより従来からの投資先と推測しており、他銘柄の値下がりともしかしたら追加投資銘柄かも知れません。
 航空業は事業維持投資(航空機購入、人的資本コストが多額)が巨額であるにも関わらず、需要およびコストが不安定な業界であり個人的には投資先としては避けたいのですが、サウスウエスト航空は低コスト経営を旗印にしており、興味が持てる会社の一つですね。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/151-26cfd819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。