月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンドオブファンズの課税繰延効果

 ファンドオブファンズ形式の投資信託への投資は
課税繰延効果が発揮するものを激選して投資を行うべきである。
 課税繰延効果を発揮する投資信託とは
具体的には「分配金」を出さないもしくは著しく少額のものである。
 この点に関しては普通の投資信託と選択方法は何ら変わりはない。
 それでは、何が異なるのか?

 ファンドオブファンズ投資信託自体が徴収する信託報酬の本質は皆さんが自ら行っているアセットアロケーションの変更作業を委託する場合の「手数料」と実質的に捉えることができる。もし、皆さんが他人から作業をお願いされることがあるならば、相当の報酬を頂くのが通常であるからだ。
 「アセットアロケーション」の変更手数料は極言して言い換えると「裁定取引」委託手数料ともいえる。「裁定取引」とは割安と思われる資産を購入し、割高と思われる資産を売却することであり、アセットアロケーション変更の大部分を占めているからだ。
 無分配のファンドオブファンズ投資信託は「アセットアロケーションの変更」にかかる所得税の課税繰延ができる点が最も利点であるのだ。
 この点では「確定拠出型年金」と同格である。しかも「確定拠出型年金」は60歳以降でないと引き出せないが、ファンドオブファンズ投資信託の解約制限はない。
 自らでアセットアロケーションをコントロールする場合は所得税課税を極力回避するために、資産売却は極力避け、投資割合の変更は追加投入資金の投入にて調節するべきである。
 源泉所得課税の税率は現在は10%(国税7%、地方税3%)であるが、今後20%になると予測されるため、課税繰延効果を持つファンドオブファンズについては、優位性が増大するのは間違いない。
⇒ファンドオブファンズのゲートキーパーとしての役割
⇒投資信託手数料の摩訶不思議な体系

 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/14-e1963c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。