月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セゾン投信ファンドの運用レポートが発行されました

セゾン投信のファンドから第1回の月次運用レポートが発行されていた。
(1)セゾン・バンガードグローバルバランスファンド
http://www.saison-am.co.jp/pdf/report1.pdf
(2)セゾン資産形成の達人ファンド
http://www.saison-am.co.jp/pdf/report2.pdf
投資環境分析に関しては両方のレポートに併載されているので、両方読むと冗長に感じます(^^;

 それはともかく、値動きに安定感があったことから予想されていたが、2つのファンドとも、非常に保守的なポートフォリオと感じた。
 特に予想外であったのはセゾンバンガードのほうで、設定当初からほぼ100%の投資比率を保つと予想していたが、3月末現在で10%強の現金運用部分が存在していた。
 ただし、早期に投資比率をあげることがレポートに記載されているため、世界市場を株:債券=50:50で持つというコンセプトに狂いはないと思料する。
 一方、資産形成の達人ファンドは現金運用が50%超とこちらはほぼ予想通りであった。私見としては値動きの異常な(?)安定性からほとんどファンドを購入していないとも思っていたからだ。
 投資比率は「さわかみファンド」が30%、「バンガード日本株式インデックス」が20%と根拠は不明であるが、この辺りも含めておまかせしているので不問としている。
 ただ、今期には投信直販グループで新規設定ファンドが発生する見込みとの情報も耳にしているため、安定的な資金供給が継続する中、慎重な組みいれを期待したい。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takaamahara.blog85.fc2.com/tb.php/10-3f88286f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。