月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の投資を振り返る(byまだら模様の投資生活)

2011年も早くも終わりを迎えましたね。お疲れ様でございました。

 今年は、東日本大震災、原発事故と大きな災害が日本を襲いました。その中で目立ち、賞賛されたのは、日本の普通の人々がけんめい(懸命、賢明)に生き続ける姿といえます。
 被災住民達の災害当初の秩序だった行動や、その後の復興に向けた気持ちの転換の早さと力強さは日本人が日本という島国の自然環境での、生活の中で培ってきた最も典型的な個性といえます。
 世界から賞賛されるこのような日本人の立ち振る舞いは、ムラ社会を大事に、個人を犠牲にし、組織を護るという日本型社会主義の上に成立してきているのでしょう。
 このような日本社会で、昔もいまも最も嫌われているのが、事業資金を出している投資家や銀行であります。

 今年も日本では、株式としてあるいは貸金として事業出資する投資家の立場を蔑ろにする事例が頻発しました。東京電力しかり、オリンパスしかり、公務員しかり、事故や不祥事として発覚した組織を掘り下げてみると、そこには内部者を過度に優遇していたことがほとんど全ての場合で明らかになっています。

 このような優遇は、ムラ社会的な日本企業という土壌の中で、あまねく日本の大企業が汚染されていると見做して間違いないでしょう。たまたま、事故・不祥事として発覚したので明らかになっただけなのです。

 このような日本の企業群に出資する愚かな行為は労多くして成果はほとんどない・・・残念ながら今後も続く真実なのです。

 あまはらにとって、2011年は日本企業へ投資家として関わることの制約を強く認識させられ、そして投資方針を大きく転換する助けを得た年となったのです。

 運用ポートフォリオも認識や、割安感に基づいて変更を加えています。
[2011年の投資を振り返る(byまだら模様の投資生活)]の続きを読む
スポンサーサイト

池内タオル「風で織るタオルファンド」第二弾、早々に募集完了!

 昨年、池内タオルが営業者となり、ミュージックセキュリティーズが取扱う匿名組合契約「風で織るタオルファンド」に出資したことを記事に致しましたが、無事完売連絡が届きました。(「風で織るタオルファンド」に出資しました

 コットンヌーボーの初回ファンドとなる「風で織るタオルファンド」の組合員への分配条件は、収益性よりも元本回収に重点を置いた分配条件となっていたため、大きな収益とはいかなかったものの、営業者の事業に対する資金提供という投資家の本来役割を実感できたファンドでありました。

 また、池内タオル、ならびに風で織るタオルファンドについて、先週木曜日(2011年12月8日)のカンブリア宮殿で放送されました。池内タオルの魅力は、テレビ東京のサイトでカンブリア宮殿完全版(未放送部分も含む)が目下公開中ですので、お時間のある方はどうぞ。

 さて、先月11月30日から第二弾「風で織るタオルファンド2012」の募集が開始されました。
 今回のファンド運用期間は5年とコットンヌーボーを20年続けるという池内社長の意思により近づいたファンドとなっています。

 具体的に前回ファンドと「風で織るタオルファンド2012」がどのように異なるのか、投資の視点で比較したいと思います。

風で織るタオルファンドと、風で織るタオルファンド2012の組成条件比較(概略)
ファンド名称風で織るタオルファンド風で織るタオルファンド2012
出資募集最大総額5,500,000円(110口)17,800,000円(356口)
申込単位(1口あたり)50,000円50,000円
会計期間1年間5年間
資金使途オーガニックコットン(原材料)オーガニックコットン(原材料)1年分
および織機
分配率(損益分岐点前)90.0%12.25%
分配率(損益分岐点後)2.5%1.3%
分配制限無し当初3年間有り
投資家特典有り(スポーツタオル、優待販売など)有り(コットンヌーボータオル等)
※詳細条件をミュージックセキュリティーズ株式会社HPで必ずご確認ください

棚卸資産投資型から固定資産投資型へ

風で織るタオルファンド2012の最も大きな特徴は、会計期間を1年から5年と長期化させることに伴い、投資対象も原材料(オーガニックコットン)に加えて、織機まで拡大したことにある。
 ファンド内で同一資金を同一目的に回転使用することが出来ないというファンド組成上の制約があると伺っている。通常の事業における資金サイクル(仕入→製造→販売→回収)の繰り返しを通じて事業拡大を図っていく。しかしながら、ファンドで調達した資金で原材料を購入した場合は1回転すればファンド終了となっていた。(「風で織るタオルファンド」の場合)
 そこで、投資対象に減価償却を通じて投下資金回収を行う固定資産を加えることで、ファンドの会計期間が拡大した模様だ。逆に、事業拡大に応じた資金需要増大を見越して当初3年間に分配制限が付されたり、分配率が減少したりするなど、5年間お付き合いする心構えも必要なファンドとなっている。

 このような個別の事業に対する直接投資機会はあまり多くないのが実情、池内タオルそしてミュージックセキュリティーズ社による面白い取り組みとあまはらは考えています。
 風で織るタオルファンド2012の投資家特典は前回と異なり、コットンヌーボータオルそのものになるのもちょっとしたうれしい変更ですね。
 あまはらは、前回同様、風で織るタオルファンド2012についても、出来る範囲で参加することにしています。

==>2011/12/13風で織るタオルファンドは早々に募集完了になりました。記事題名を変更しています



ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

セキュリテ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。