月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資者も事業仕分けならぬ資産仕分けを行おう

 民主党政権に替わっておよそ2ヶ月。今、最も注目を浴びているのは、税金のムダ遣いを一掃するとの試みで、本年度予算に関する「事業仕分け」ではないでしょうか?
 
 実は、この「事業仕分け」ですが、何も今年から始まったものではありません。ここ数年来、多くの地方自治体で行われ、そして国政でも昨年までの自民党政権でも行われていたもので、もの珍しいものではありません。しかし、今年の民主党による事業仕分けの注目度は他を圧倒しています。

 政治の結論は、簡単な言葉ではっきりとした意志が必要

といえるでしょう。仕分け対象となった各事業について、経費節減や規模縮小のような玉虫色の結論でなく、はっきりと廃止を明示するなど、既得権を排除する姿勢が、目新しく評価されているといえます。似たようなことをしていても、やり方で評価、評判は大きく異なる好例といえるでしょう。

 事業仕分けの中には、スーパーコンピューター投資に対する判断など、事業仕分け結果に対する方々からの反発の大きさから投資継続に転換しそうな案件もあったようですが、各方面からの議論の深まりで最終的な予算策定に反映するとなると、事業仕分けはより望ましい結果を生みだしそうです。

 昨年までの政治のように、一部有力者による阿吽の呼吸による馴れ合い政治が有権者に受入れられないように変化していることを、野党を中心とする政治家は重視すべきです。既に政治のゲーム盤は入替えられたのです。

 それはさておき、「事業仕分け」の考え方は、投資にも大変有効です。昨今のように、相場が下落基調に転換した場合には、値下がりし続ける資産価格に直面するのですから、自分はどのような資産を保有すべきか、「資産仕分け」を積極的に行っておくべきではないでしょうか?

 さて、どのようにして見直すかについては個々人の投資に対する思い入れが異なることもあり一概にはいえませんが、ただ一つ
 
 過去の判断結果を、将来分析に反映させてはいけない

ことは間違いないでしょう購入価格を気にして益出し、損切りの判断をするのは税務上の効果を求める場合に限定するべきで、分析の段階では、購入価格は忘れる必要があります。

 あまはらの今回の下落相場は、残念ながら相当に長引くと見ています。そのため、資産仕分けを着実に行い、保有資産は自らの心を落ち着かせることが出来る限定したものに選別すべきと考えます。来るべき冬に備えて、既に株式保有銘柄数はほぼ半減させているのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ご協力宜しくお願いします。

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦
全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦James J. Cramer

日本経済新聞社 2006-07
売り上げランキング : 13151

おすすめ平均 star
star株式投資について眼からウロコ
starジャケのインパクトも好きです。
starGOOD!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

ありがとうファンドは早速コモンズ30ファンドを買付

 ファンドオブファンズ型直販投信のパイオニアといえば、2004年から運用を開始しているありがとうファンドです。

 先月10月には、5周年を機会としたのか、ホルダーズミーティングと題したファンド顧客に対する運用説明会を神戸、名古屋、東京で開催しています。
 運用委託者(ファンド顧客)と運用受託者(運用会社)間には、リスクリターン分担について本質的には相反関係にあり、対等関係とはなりませんが、投資に関する情報格差や、意識乖離は少ないに越したことはありません。その点では、対話を重視する姿勢は評価できるでしょう。

 さて、ありがとうファンドは先月26日に組入れファンドに「コモンズ30ファンド(適格機関投資家専用)」の追加を発表していました。
 適格機関投資家専用と補記されていることから、現在コモンズ投信が直販している「コモンズ30ファンド」とは別商品ですが、「コモンズ30マザーファンド」を投資対象としているため、実質的な運用内容は同一と見ていいでしょう。

 違いは、主にコスト負担に求められますが。一体、どれくらい差がついているのでしょうか?
[ありがとうファンドは早速コモンズ30ファンドを買付]の続きを読む

さわかみファンドが下落相場でリベンジできるか

ほんと久しぶりにさわかみファンドに注目してみた。
 
 サブプライムショック後の回復の1年間で見ると、さわかみファンドは擬似ベンチマークと化しているTOPIXからは、20%以上超過した卓越した成績を残しています。
さわかみファンド、TOPIXチャート(20091102)

 昨年2008年10月末時点で274銘柄を数えた投資銘柄数も、1年経った今では182銘柄とメタボ運用から、抜群の銘柄に選別投資する本来のアクティブファンドの姿へと一歩近づいたようです。
 
 どだい2000億円の資金量では、日本経済を支えきることはできませんので、より自らの投資哲学に近い企業群に投資する方向に転換できたことは、ひとまず良かったのではないでしょうか?
 
 それはさておき、あまはらが今年一貫して売却を続けているのは、他ならぬ「さわかみファンド」です。 何回もの電話売却注文を経験したためか、今では本人確認から注文完了まで3分以内に到達できるようになったほどです。

 今は高値圏だから利益確定時期と判断したことも一理あるのですが、もう一つはあまはら自身のあまりに高すぎたさわかみファンドに対する期待感が、原因でしょう。
 
「下落相場で下落幅を押さえ、かつ上昇相場についていく、もしくは一段と高飛びする。」
 この投資の理想に対し、前回2007年以降の下落相場では残念なことにほぼ100%相場に付き合ってくれました。誠に残念です。
 逆に、今年2009年の上昇相場では高飛びまで、見事に実現しています。

 今回の注目したいのは、相場の下落兆候が散見される現況下において、次の下落相場でさわかみファンドが自らのアセットコントロールで下落幅を抑制できるかということなのです。
[さわかみファンドが下落相場でリベンジできるか]の続きを読む

まだら模様の投資生活ポートフォリオ(2009年10月)

 ただいま、第2四半期決算発表の最盛期を迎えていますが、業績予想の上方修正、下方修正発表の多いこと、多いこと・・・

 振り返るに、修正前の業績予想は今年の4~5月頃の先行き不透明な状況下で策定されているため、特に需要が景気循環に依存度が高い企業にとっては、精緻な見積りは例年以上に困難であったことでしょう。

 従って、業績予想修正の発表自体に大きな意味合いがありませんので、発表内容に過敏に反応するのではなく、むしろ需要水準(売上高)や、業務コスト改善(運営コスト低減)の絶対値に着目した方が中長期的には報われるのではないでしょうか?

 特に、各種業界が発表する統計資料は、前年同月比プラスかマイナスかが強調されることが通例ですが、昨年2008年10月以降はサブプライムショックにて、需要が激減しています。

 従って、2009年10月実績以降は、激減した前年実績が比較対象となりますので

プラスで当たり前

との感覚を持っておくことが重要でしょう。むしろ、前々年同月比でプラスになっている成長企業、成長産業に着目するべきはないでしょうか?

 さて、まだら模様の投資生活サイトの運用は、今月も至って安定運行させて頂きましたので、ポートフォリオ投資割合の変動はあまりありません。
まだら模様の投資生活ポートフォリオ200910
 ただ、一点その他株式比率に、「信用取引売却現金」が紛れ込んでいます。
[まだら模様の投資生活ポートフォリオ(2009年10月)]の続きを読む

らでぃっしゅぼーやに見るMBO企業に対する投資(2)

 らでぃっしゅぼーや(3146)の財務諸表面からの特徴ですが、前回の記事では、巨額ののれん計上を取り上げました。
 さて、今回は19億25百万円にもなっている長期借入金について考えることにします。(2009年8月末現在)

長期借入金の返済に追われる

 この長期借入金ですが、有価証券報告書の追記事項および借入金残高によると、平成19年2月借入で、当初元本は30億円で、返済条件は期間7年、半期毎に2億1500万円となっているようです。
 すなわち、
年間4億3千万円返済を今後4年半継続
が必要なのです。
  年間営業キャッシュフローが9億円台(平成21年2月期)の同社にとって、借入金返済負担は相当高いといわざるを得ません。
 一方、株主への配分たる配当金は年7円、配当金総額は年4700万円と、借入金返済規模の10分の1に過ぎません。MBO後の同社にとって、今後4~5年は財務の安定性を確保することが事業展開と前提となるでしょう。

自社商品の株主優待を実施

 現時点において、らでぃっしゅぼーや社に株主への積極的な還元を期待するのは酷な状況ですが、同社は上場後早々に自社商品の株主優待を開始しました。

 今後、同社が事業成長のための資金を株式市場で調達することも十分に考えられますので、会社事業に対する共感度を深める点でも自社商品の株主優待は効果が高そうです。
 あまはらも、わずかですが株主優待権利を獲得しています。今月11月6日に、具体的な株主優待の内容が案内されるとのことですので、楽しみにしています。

従業員、経営者向けストックオプションの行使促進を!

 またらでぃっしゅぼーや社は、従業員、経営者向けに新株予約権を発行しています。権利行使価格は520円~850円で仮に全ての新株予約権が行使された場合、発行済株式が約7%増加し、合わせて3億8300万円払い込まれることになります。
 自己資本充実して借入金返済の原資とすると共に、従業員株主の増加によりファンド主体の資本構成からの安定化を進めるためにも、新株予約権の行使を促進する事業運営が求められているようです。同社株主にとって、発行済株主数増加による希薄化よりも、資本安定の方がより望ましいはずです。
 権利行使の増加には、結局のところ株価上昇が求められますので、限りある資本をいかに効率的に活用するか、経営の手腕が問われているといえるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ご協力宜しくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。